現在表示中:

We.Retail のすべてのページでは、レスポンシブデザインを実装するためにレイアウトコンテナコンポーネントが使用されています。レイアウトコンテナは、レスポンシブグリッド内にコンポーネントを配置できる段落システムを提供します。このグリッドでは、デバイスやウィンドウのサイズおよび形式に従ってレイアウトを再編成できます。このコンポーネントを、ページエディターのレイアウトモードと組み合わせて使用すると、デバイスに依存するレスポンシブレイアウトを作成および編集できます。

試してみる

  1. 言語マスターブランチの「エクスペリエンス」セクションで Arctic Surfing ページを編集します。

    http://localhost:4502/editor.html/content/we-retail/language-masters/en/experience/arctic-surfing-in-lofoten.html

  2. プレビューに切り替えて、Web サイトの訪問者に表示されるページを確認します。記事「Aloha spirits in Norther Norway」のコンテンツまでスクロールダウンします。

    chlimage_1
  3. ブラウザーウィンドウのサイズを変更し、そのサイズ変更に対してレイアウトが動的に調整されることを確認します。

    chlimage_1
  4. レイアウトモードに切り替えます。エミュレーターツールバーが自動的に表示されます。このツールバーを使用して、ターゲットデバイスごとにレイアウトを計画できます。

    コンポーネントを選択すると、編集メニューにフローティングおよび非表示オプションと共に、コンポーネントのサイズ変更ハンドルが表示されます。

    chlimage_1
  5. コンポーネントのサイズ変更ハンドルを選択してドラッグすると、サイズ変更に役立つレイアウトグリッドが自動的に表示されます。

    chlimage_1

その他の情報

技術的な詳細については、オーサリングドキュメントのレスポンシブレイアウトまたは管理者向けドキュメントのレイアウトコンテナとレイアウトモードの設定を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー