現在表示中:

アドビでは、製品の機能を絶えず評価して、常に下位互換性を慎重に考慮しながら、古い機能を作成し直したり、より近代的な機能に置き換えて、お客様にとっての全体的な価値を向上させています。

近い将来おこなわれる AEM 機能の削除や置換を通知するため、次のルールが適用されます。

  1. 廃止の発表がまずおこなわれます。廃止中は、機能はまだ使用可能ですが、それ以上の強化はおこなわれません。 
  2. 廃止された機能の削除は、早ければ、次のメジャーリリースでおこなわれます。削除の実際の期日が発表されます。 

このプロセスにより、機能が実際に削除されるまでに、廃止される機能の新しいバージョンまたは後継機能にお客様が実装を合わせるためのリリースサイクルが少なくとも 1 回あります。 

廃止される機能

この節では、AEM 6.5 で廃止予定になっている機能について説明します。通常、将来のリリースで削除される予定になっている機能は、まず廃止予定に設定されて代替の機能が提供されます。

現在のデプロイメントでその機能を利用しているかどうかを確認し、提示される代替手段を使用するために実装の変更を計画するようにお勧めします。

領域 機能 代替手段
Creative Cloud統合

AEM/Creative Cloud フォルダー共有は、クリエイティブユーザーが AEM のアセットにアクセスできるようにする手段として AEM 6.2 に導入されました。その結果、ユーザーはアセットを CC アプリケーションで開いたり、AEM に新しいファイルをアップロードまたは変更を保存したりできるようになりました。Creative Cloud アプリケーションでリリースされた新しい機能である Adobe Asset Link では、ユーザーエクスペリエンスが大幅に向上し、Photoshop、InDesign、Illustrator 内から AEM アセットへの直接アクセスが強化されています。

AEM/Creative Cloud フォルダー共有の統合機能がさらに強化される予定はありません。この機能は AEM に含まれてはいますが、代替ソリューションを使用することを強くお勧めします。

Adobe Assset Link や AEM Desktop App などの新しい Creative Cloud 統合機能に切り替えることをお勧めします。詳しくは、AEM と Creative Cloud の統合のベストプラクティスを参照してください。
Assets
  1. AssetDownloadServlet は、パブリッシュインスタンスに対してデフォルトで無効になっています。詳しくは、AEM セキュリティチェックリストを参照してください。
  2. ユーザーが /content/dam/collections に十分な(読み取りと書き込みの)権限を持っていない場合、ユーザーはコレクションを作成できません。
  1. 設定について詳しくは、AEM セキュリティチェックリストを参照してください。
  2. ユーザーのアクセス制御設定を保持し、適切な権限を確保します。
Adobe Search&Promote

Adobe Search&Promote との統合は廃止されました。

Search&Promote 統合機能がさらに強化される予定はありません。Search&Promote 統合は廃止中も引き続き完全にサポートされます。

 
DTM タグマネージャー DTM(Dynamic Tag Manager)との統合は廃止されました。 Adobe Experience Platform Launch をタグマネージャーとして使用してください。
Adobe Target Adobe I/O ベースの Adobe Target API(REST API)が AEM 6.5 でサポートされるようになったのに伴い、AEM での Target Classic API(XML)のサポートが廃止されました。 新しい API を使用するように統合機能を再設定してください。
Adobe Target mbox.js を使用した AEM と Adobe Target の統合は廃止されました。 at.js 1.x の使用に切り替えてください。
コンポーネント(AEM Sites)

基盤コンポーネントの機能がさらに強化される予定はありません(一部例外があります *)。AEM 6.5 には基盤コンポーネントが含まれており、以前のリリースからアップグレードするお客様はクラシック UI をそのまま使用し続けることができます。基盤コンポーネントは廃止中も引き続き完全にサポートされます。 

*:次の基盤コンポーネントは廃止されていません。

  • 基本ページ
    /libs/wcm/foundation/components/basicpage/*
  • レイアウトコンテナ、(継承された)段落システム、列の制御
    /libs/foundation/components/parbase
    /libs/foundation/components/iparsys/*
    /libs/foundation/components/parsys/*
    /libs/wcm/foundation/components/iparsys/*
    /libs/wcm/foundation/components/parsys/*
    /libs/wcm/foundation/components/responsivegrid
  • エクスペリエンスフラグメント
    /libs/cq/experience-fragments/editor/components/*

今後のプロジェクトには、コアコンポーネントを使用することをお勧めします。既存のサイトは現状のままでもかまいませんし、コアコンポーネントを使用するように AEM Modernize Tools Suite でサイトをリファクタリングすることもできます。
コンポーネント(AEM Forms) 検証ステップ
(/libs/fd/afaddon/components/verify)
代替手段はありません。
コンポーネント(AEM Forms)

Scribble 署名

/libs/fd/afaddon/components/esign
/cq:dialog/content/items/accordion/items/basic/items/signingService

Adobe Sign を使用してください。
Foundation

Granite オフロードフレームワーク

アセット処理を外部化するために 5.6.1 に導入されたオフロードフレームワークの機能がさらに強化される予定はありません。 

アドビでは、クラウドネイティブな次世代オフロードフレームワークの構築に取り組んでいます。
開発者向け

Hobbes.js

Hobbes.js UI テストフレームワークの機能がさらに強化される予定はありません。

Selenium での自動化をお勧めします。
開発者向け

jQuery UI クライアントライブラリ

配布版(クイックスタート)の一部として含まれている jQuery UI クライアントライブラリがさらに保守および更新される予定はありません。

コードに jQuery UI が引き続き必要な場合は、このクライアントライブラリをプロジェクトコードベースに追加することをお勧めします。
開発者向け

jQuery アニメーションクライアントライブラリ(granite.jquery.animation)

配布版(クイックスタート)の一部として含まれている jQuery アニメーションクライアントライブラリがさらに保守および更新される予定はありません。

コードに jQuery アニメーションが引き続き必要な場合は、このクライアントライブラリをプロジェクトコードベースに追加することをお勧めします。
開発者向け

Handlebars クライアントライブラリ

配布版(クイックスタート)の一部として含まれている Handlebars クライアントライブラリがさらに保守および更新される予定はありません。

コードに Handlebars が引き続き必要な場合は、このクライアントライブラリをプロジェクトコードベースに追加することをお勧めします。
開発者向け

Lawnchair クライアントライブラリ

配布版(クイックスタート)の一部として含まれている Lawnchair クライアントライブラリがさらに保守および更新される予定はありません。

コードに Lawnchair が引き続き必要な場合は、このクライアントライブラリをプロジェクトコードベースに追加することをお勧めします。
開発者向け

Granite.Sling.js クライアントライブラリ

配布版(クイックスタート)の一部として含まれている Granite.Sling.js クライアントライブラリの機能がさらに強化される予定はありません。

このライブラリの機能に頼っている場合は、それを使用しないようにコードをリファクタリングすることをお勧めします。
開発者向け YUI を使用した JavaScript クライアントライブラリの圧縮/軽量化。YUI ライブラリがさらに更新される予定はありません。AEM 6.4 までは、YUI が JavaScript のデフォルトの軽量化手段で、Google Closure Compiler(GCC)に切り替えるオプションもありました。AEM 6.5 以降は、GCC がデフォルトになっています。 AEM 6.5 にアップグレードする場合は、GCC に切り替えることをお勧めします。
開発者向け

CRXDE Lite のクラシック UI ダイアログエディター

配布版(クイックスタート)の一部として含まれているクラシック UI ダイアログエディターの機能がさらに強化される予定はありません。

 

削除された機能

この節では、AEM 6.5 で削除された機能について説明します。以前のリリースでは、これらの機能は「廃止」とマークされていました。

領域  機能 代替手段
統合 ExactTarget との統合はデフォルトの配布版(クイックスタート)から削除され、パッケージ共有からインストールする追加パッケージになりました。 機能は引き続き利用できます。
統合 Salesforce Force API との統合はデフォルトの配布版(クイックスタート)から削除され、パッケージ共有からインストールする追加パッケージになりました。 機能は引き続き利用できます。
Forms Adobe Central 製品がサポートされなくなったので、Adobe Central Migration Bridge サービスのサポートが削除されました。 代替手段はありません。
Forms com.adobe.fd.df.fdinternal.model.ConfigurationInstance 代替手段はありません。
Forms
com.adobe.fd.ccm.channels.print.fdinternal.api.service.PrintDataTransformer
代替手段はありません。
開発者向け デフォルトの配布版(クイックスタート)から Firebug Lite が削除されました ブラウザー組み込みのデベロッパーコンソールを使用してください。
開発者向け HTML クライアントライブラリマネージャーで customJavaScriptPath がサポートされなくなりました。 代替手段はありません。

次期リリースに関する予告

このセクションで予告する将来のリリースの変更内容は、廃止ではありませんが、お客様に影響します。計画を立てる際の参考情報としてご覧ください。

領域
機能
予告
Foundation UI フレームワーク Coral UI 2 コンポーネントは 2019 年に廃止される予定です。Coral UI 3 は AEM 6.2 で導入され、AEM 6.5 は完全に Coral 3 に基づいています。Coral 2 を使用してカスタム UI を構築しているお客様およびパートナー様については、Coral 3 へのリファクタリングをおこなうことをお勧めします。アドビでは、Coral 2 のダイアログを Coral 3 に変換するツールを提供しています(詳細情報)。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー