現在表示中:

CUG に関連する JCR コンテンツの比較

古い AEM バージョン AEM 6.5 コメント

プロパティ:cq:cugEnabled

ノードタイプの宣言:該当なし、残余プロパティ

認証:

ノード:rep:cugPolicyのノードタイプ rep:CugPolicy

ノードタイプの宣言:rep:CugMixin

 

 

 

認証:

Mixin タイプ:granite:AuthenticationRequired

読み取りアクセスを制限するために、専用の CUG ポリシーがターゲットノードに適用されます。

メモ:ポリシーは、設定されているサポート対象パスにのみ適用できます。

rep:cugPolicy および rep:CugPolicy という名前のノードは保護されており、通常の JCR の API 呼び出しを使用して書き込むことはできません。代わりに JCR アクセス制御管理を使用してください。

詳しくは、このページを参照してください。

ノードに認証要件を適用するには、mixin タイプ granite:AuthenticationRequired を追加することで十分です。

メモ:設定済みのサポートパスの下でのみ適用されます。

プロパティ:cq:cugPrincipals

ノードタイプの宣言:該当なし、残余プロパティ

プロパティ:rep:principalNames

ノードタイプの宣言:rep:CugPolicy

制限付き CUG の下の内容を読み取ることが許可されているプリンシパルの名前を含むプロパティは保護されており、通常の JCR の API 呼び出しを使用して書き込むことはできません。代わりに JCR アクセス制御管理を使用してください。

実装について詳しくは、このページを参照してください。

プロパティ:cq:cugLoginPage

ノードタイプの宣言:該当なし、残余プロパティ

プロパティ:granite:loginPath(オプション)

ノードタイプの宣言:granite:AuthenticationRequired

Mixin タイプ granite:AuthenticationRequired が定義されている JCR ノードは、オプションで代替ログインパスを定義できます。

メモ:設定済みのサポートパスの下でのみ適用されます。

プロパティ:cq:cugRealm

ノードタイプの宣言:該当なし、残余プロパティ

該当なし 新しい実装ではサポートされなくなりました。

OSGi サービスの比較

古い AEM バージョン AEM 6.5 コメント

ラベル:Adobe Granite の閉じられたユーザーグループ(CUG)のサポート

名前:com.day.cq.auth.impl.CugSupportImpl

ラベル:Apache Jackrabbit Oak CUG の設定

名前:org.apache.jackrabbit.oak.spi.security.authorization.cug.impl.CugConfiguration

ConfgurationPolicy = REQUIRED

ラベル:Apache Jackrabbit Oak CUG 除外リスト

名前:org.apache.jackrabbit.oak.spi.security.authorization.cug.impl.CugExcludeImpl

ConfgurationPolicy = REQUIRED

 

 

 

 

名前:com.adobe.granite.auth.requirement.impl.RequirementService

レーベル:Adobe Granite 認証要件とログインパスハンドラー

名前:com.adobe.granite.auth.requirement.impl.DefaultRequirementHandler

ConfgurationPolicy = REQUIRED

CUG 認証の設定および評価の有効化/無効化

CUG 認証によって影響を受けるべきではないプリンシパルの除外リストを設定するサービス。

メモ:CugExcludeImpl が設定されていない場合、CugConfguration はデフォルトにフォールバックします。

特別なニーズがある場合は、カスタム CugExclude 実装をプラグインすることが可能です。

LoginSelectorHandler に一致するログインパスを公開する LoginPathProvider を実装する OSGi コンポーネント。これは、granite:AuthenticationRequired mixin タイプによって、コンテンツに格納されている変更された認証要件を監視するオブザーバを登録するために使用される RequirementHandler への必須参照を持っています。 

authRequirements の変更について SlingAuthenticator に通知する RequirementHandler を実装する OSGi コンポーネント。

このコンポーネントの設定ポリシーは REQUIRE なことから、サポートされているパスのセットが指定されている場合にのみ有効になります。

サービスを有効にすると RequirementService が起動します。

     
     
     

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー