現在表示中:

エディターからクラシック UI に切り替える機能は、デフォルトで無効になっています。

ページ情報メニューのオプション「クラシック UI で開く」を再度有効にするには、次の手順に従います。

  1. CRXDE Lite を使用して、次のノードを見つけます。

     /libs/wcm/core/content/editor/jcr:content/content/items/content/header/items/headerbar/items/pageinfopopover/items/list/items/classicui

    例:

    http://localhost:4502/crx/de/index.jsp#/libs/wcm/core/content/editor/jcr%3Acontent/content/items/content/header/items/headerbar/items/pageinfopopover/items/list/items/classicui

  2. オーバーレイノードオプションを使用してオーバーレイを作成します。次に例を示します。

    • パス/apps/wcm/core/content/editor/jcr:content/content/items/content/header/items/headerbar/items/pageinfopopover/items/list/items/classicui
    • オーバーレイの場所/apps/
    • ノードタイプを一致させる:アクティブ(チェックボックスをオン)
  3. オーバーレイノードに次の複数値テキストプロパティを追加します。

    sling:hideProperties = ["granite:hidden"]

  4. ページの編集時に、「クラシック UI で開く」オプションがページ情報メニューで再度使用可能になります。

    SyUI-03-2019-02-27-15-19-48

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー