現在表示中:

Adobe Campaign と統合しているときは、ニュースレター用とフォーム用のコンポーネントを使用できます。このドキュメントでは、両方のコンポーネントについて説明します。

Adobe Campaign ニュースレターコンポーネント

すべての Adobe Campaign コンポーネントは、電子メールテンプレートのベストプラクティスで概説されているベストプラクティスに従います。また、Adobe マークアップ言語 HTL をベースとしています。

Adobe Campaign と連携するように設定されているニュースレターまたは電子メールを開くと、「Adobe Campaign ニュースレター」セクションに以下のコンポーネントが表示されます。

  • 見出し(Campaign)
  • 画像(Campaign)
  • リンク(Campaign)
  • Scene7 画像テンプレート(Campaign)
  • ターゲット参照(Campaign)
  • テキストと画像(Campaign)
  • テキストおよびパーソナライゼーション(Campaign)

これらのコンポーネントについては、以降のセクションで説明します。

chlimage_1

見出し(Campaign)

見出しコンポーネントは、次のいずれかを表示します。

  • タイトル」フィールドが空のときは、現在のページ名を表示します。
  • タイトル」フィールドにテキストを指定したときは、そのテキストを表示します。

見出し(Campaign)コンポーネントを直接編集します。ページタイトルを使用する場合は空のままにします。

chlimage_1

次の項目を設定できます。

  • タイトル
    ページタイトル以外の名前を使用する場合は、ここに入力します。
  • 見出しレベル(1、2、3、4)
    HTML の見出しサイズ 1~4 に基づいた見出しレベル。

見出し(Campaign)コンポーネントの表示例を以下に示します。

chlimage_1

画像(Campaign)

画像(Campaign)コンポーネントは、指定されたパラメーターに従って、画像とそれに付随するテキストを表示します。

画像をアップロードした後に、編集および操作できます(切り抜き、回転、リンク/タイトル/テキストの追加など)。

画像をアップロードした後に、編集および操作できます(切り抜き、回転、リンク/タイトル/テキストの追加など)。画像は、コンテンツファインダーから直接コンポーネントまたはコンポーネントの編集ダイアログにドラッグアンドドロップできます。また、編集ダイアログの中央領域をダブルクリックしてローカルのファイルシステムを参照し、画像をアップロードすることもできます。編集ダイアログの 2 つのタブでは、画像の定義および操作もすべて制御します。

chlimage_1

画像を読み込む際は、次の設定が可能です。

  • マップ
    画像をマップするには、「マップ」を選択します。画像マップの作成方法(長方形、多角形など)を指定し、領域が指す位置を指定します。
  • 切り抜き
    「切り抜き」をクリックして画像を切り抜きます。マウスを使用して画像を切り抜きます。
  • 回転
    画像を回転するには、「回転」を選択します。画像が目的の向きになるまで繰り返し使用します。
  • 消去
    現在の画像を削除します。
  • ズームバー(クラシックのみ)
    画像のズームインおよびズームアウトをおこなうには、画像の下(「OK」および「キャンセル」ボタンの上)のスライドバーを使用します。
  • タイトル
    画像のタイトル。
  • 代替テキスト
    アクセス可能なコンテンツを作成する際に使用する代替テキスト。
  • リンク先
    Web サイト内のアセットまたはその他のページへのリンクを作成します。
  • 説明
    画像の説明。
  • サイズ
    画像の高さと幅を設定します。

注意:

詳細」タブの「代替テキスト」フィールドに情報を入力する必要があります。入力しない場合は画像を保存できず、次のエラーメッセージが表示されます。

検証できませんでした。マークされたフィールドの値を検証してください。

 

画像(Campaign)コンポーネントの表示例を以下に示します。

chlimage_1

リンク(Campaign)

リンク(Campaign)コンポーネントを使用して、ニュースレターにリンクを追加できます。このコンポーネントはクラシック UI にのみ表示されますが、タッチ操作向け UI でこのコンポーネントを追加して、互換モードで開くことができます。

chlimage_1

以下の項目を「表示」、「URL 情報」または「詳細」タブで設定できます。

  • リンクキャプション
    リンクのキャプション。ユーザーに表示されるテキストです。
  • リンクツールチップ
    リンクの使用方法に関する追加情報を付加します。
  • リンクタイプ
    ドロップダウンリストで、カスタム URL またはアダプティブドキュメントを選択します。このフィールドは必須です。「カスタム URL」を選択した場合は、リンクの URL を指定できます。「アダプティブドキュメント」を選択した場合は、ドキュメントのパスを指定できます。
  • 追加の URL パラメーター
    追加の URL パラメーターがあれば追加します。「項目を追加」をクリックして、複数の項目を追加します。

注意:

URL 情報」タブの「リンクタイプ」フィールドに情報を入力する必要があります。入力しない場合はコンポーネントを保存できず、次のエラーメッセージが表示されます。

検証できませんでした。マークされたフィールドの値を検証してください。

 

リンク(Campaign)コンポーネントの表示例を以下に示します。

chlimage_1

ターゲット参照(Campaign)

ターゲット参照(Campaign)コンポーネントを使用して、ターゲット段落への参照を作成できます。 

このコンポーネント内で、ターゲット段落に移動して選択します。

ドロップダウンメニューをクリックして、参照する段落に移動します。終了したら、「OK」をクリックします。

テキストと画像(Campaign)

テキストと画像(Campaign)コンポーネントでは、テキストブロックと画像を追加します。

chlimage_1

テキストおよびパーソナライゼーション(Campaign)コンポーネントや画像(Campaign)コンポーネントと同様に、次の項目を設定できます。

  • テキスト
    テキストを入力します。ツールバーを使用して、書式設定の変更、リストの作成およびリンクの追加をおこないます。
  • 画像
    コンテンツファインダーから画像をドラッグするか、クリックして画像を参照します。必要に応じて、切り抜きや回転をおこないます。
  • 画像のプロパティ詳細画像プロパティ
    次の項目を指定できます。
    • タイトル
      ブロックのタイトル。マウスポインターを置くと表示されます。
    • 代替テキスト
      画像を表示できない場合に表示する代替テキスト。
    • リンク先
      Web サイト内のアセットまたはその他のページへのリンクを作成します。
    • 説明
      画像の説明。
    • サイズ
      画像の高さと幅を設定します。

注意:

詳細」タブの「代替テキスト」フィールドは必須です。入力しない場合、コンポーネントを保存できず、次のエラーメッセージが表示されます。

検証できませんでした。マークされたフィールドの値を検証してください。

 

テキストと画像(Campaign)コンポーネントの表示例を以下に示します。

chlimage_1

テキストおよびパーソナライゼーション(Campaign)

テキストおよびパーソナライゼーション(Campaign)コンポーネントを使用すると、リッチテキストエディターの機能を備えた WYSIWYG エディターでテキストブロックを入力できます。さらに、このコンポーネントでは、Adobe Campaign のコンテキストフィールドとパーソナライゼーションブロックを使用できます。パーソナライゼーションの挿入も参照してください。

フォントの文字、配置、リンク、リスト、インデントなど、多様なアイコンでテキストの書式を設定できます。

リッチテキストエディターで通常おこなうように、テキストを追加します。Adobe Campaign ドロップダウンを選択し、必要に応じてフィールドを選択して、パーソナライゼーションを追加します。

chlimage_1

テキストと、コンテキストフィールドまたはパーソナライゼーションブロックを追加して、コンテンツを作成します。次に、ClientContext を選択して、ペルソナのプロファイルのデータをテストします。ペルソナを選択すると、選択したプロファイルのデータでパーソナライゼーションフィールが自動的に置き換えられます。

注意:

nms:seedMember スキーマまたはその拡張で定義されているフィールドのみが考慮されます。nms:seedMember にリンクしているテーブルの属性は使用できません。

Adobe Campaign フォームコンポーネント

Adobe Campaign コンポーネントを使用して、ニュースレターの購読や購読解除、ユーザープロファイルの更新といった手続きで記入するフォームを作成できます。詳細については、Adobe Campaign フォームの作成を参照してください。

各コンポーネントフィールドを Adobe Campaign データベースフィールドにリンクできます。コンポーネントとデータタイプセクションで説明しているように、利用可能なフィールドは、格納するデータのタイプによって異なります。受信者スキーマを Adobe Campaign で拡張した場合は、データタイプが一致するコンポーネントで新しいフィールドが利用可能になります。

Adobe Campaign と連携するように設定されているフォームを開くと、「Adobe Campaign」セクションに以下のコンポーネントが表示されます。

  • チェックボックス(Campaign)
  • 日付フィールド(Campaign)と日付フィールド/HTML5(Campaign)
  • 暗号化されたプライマリキー(Campaign)
  • エラー表示(Campaign)
  • 非表示の調整キー(Campaign)
  • 数値フィールド(Campaign)
  • オプションフィールド(Campaign)
  • 購読チェックリスト(Campaign)
  • テキストフィールド(Campaign)

このセクションでは、各コンポーネントについて詳しく説明します。

コンポーネントとデータタイプ

以下の表に、Adobe Campaign プロファイルデータの表示および変更に利用できるコンポーネントを示します。各コンポーネントを Adobe Campaign プロファイルフィールドにマップすることで、フィールドの値をフォームに表示したり、フォームが送信されたときにフィールドを更新したりできます。各種コンポーネントは、適切なデータタイプのフィールドにのみマップできます。

コンポーネント

Adobe Campaign フィールドのデータタイプ

フィールドの例

チェックボックス (Campaign)

boolean

もはや接触がない (チャネルによる)

日付フィールド(Campaign)

日付フィールド / HTML 5 (Campaign)

日付

誕生日

数値フィールド (Campaign)

数値フィールド (byte、short、long、double)

年齢

オプションフィールド (Campaign)

関連する値付きのバイト

性別

テキストフィールド (Campaign)

文字列

電子メール

大部分のコンポーネントに共通の設定

Adobe Campaign コンポーネントには、ほとんどのコンポーネント(暗号化されたプライマリキーコンポーネントと非表示の調整キーコンポーネントを除く)に共通の設定があります。

大部分のコンポーネントでは、次の項目を設定できます。

タイトルとテキスト

  • タイトル
    エレメント名以外の名前を使用する場合は、ここに入力します。
  • タイトルを非表示にする
    タイトルを表示したくない場合は、このチェックボックスをオンにします。
  • 説明
    フィールドに説明を追加して、ユーザーに詳しい情報を提供します。
  • 値の表示のみ
    値が 1 つの場合は、その値を表示するだけです。

Adobe Campaign

次の項目を設定できます。

  • マッピング
    必要に応じて、Adobe Campaign パーソナライゼーションフィールドを選択します。
  • 調整キー
    このフィールドを調整キーの一部にする場合は、このチェックボックスをオンにします。

制限事項制約

  • 必須
    このチェックボックスをオンにすると、このコンポーネントが必須になります。つまり、ユーザーが値を入力する必要があります。
  • 必須メッセージ
    オプションで、このフィールドが必須であることを示すメッセージを追加します。

スタイル設定

  • CSS
    このコンポーネントに使用する CSS クラスを入力します。

チェックボックス(Campaign)

チェックボックス(Campaign)コンポーネントを使用すると、boolean データタイプの Adobe Campaign プロファイルフィールドをユーザーに変更させることができます。例えば、チェックボックス(Campaign)コンポーネントを使用して、受信者に連絡を希望するかどうかを選択させるオプションを作成できます。 

チェックボックス(Campaign)コンポーネントでは、大部分の Adobe Campaign コンポーネントに共通の設定を使用できます。

チェックボックス(Campaign)コンポーネントの表示例を以下に示します。

chlimage_1

日付フィールド(Campaign)と日付フィールド/HTML 5(Campaign)

日付フィールドを使用して、受信者に日付を指定させることができます。例えば、受信者に誕生日を指定させることができます。日付の形式は、Adobe Campaign インスタンスで使用されている形式と一致します。

大部分の Adobe Campaign コンポーネントに共通の設定に加え、次の項目を設定できます。

  • 制約 - 制約ドロップダウン
    なし」または「日付」を選択して、日付の制約を追加するかどうかを設定できます。「日付」を選択した場合は、このフィールドに date フォーマットの値を入力する必要があります。
  • 制約メッセージ
    さらに、入力値の適切なフォーマットを示す制約メッセージを追加できます。
  • スタイル設定 - 幅
    +」アイコンと「-」アイコンをクリックまたはタップするか、数字を入力して、フィールドの幅を調整します。

幅が調整された日付フィールド(Campaign)コンポーネントの表示例を以下に示します。

chlimage_1

暗号化されたプライマリキー(Campaign)

このコンポーネントは、Adobe Campaign プロファイルの識別子(それぞれ Adobe Campaign Standard ではメインリソース識別子、Adobe Campaign 6.1 では暗号化されたプライマリキー)を含む URL パラメーター名を定義します。

Adobe Campaign プロファイルデータを表示および変更する各フォームには、暗号化されたプライマリキーコンポーネントを含める必要があります

暗号化されたプライマリキー(Campaign)コンポーネントでは、次の項目を設定できます。

  • タイトルとテキスト - エレメント名
    デフォルト値は encryptedPK です。フォーム上の別のエレメント名と競合する場合にのみ、エレメント名を変更する必要があります。2 つのフォームフィールドが同じエレメント名を持つことはできません。
  • Adobe Campaign - URL パラメーター
    EPK 用の URL パラメーターを追加します。例えば、値 epk を使用できます。

暗号化されたプライマリキー(Campaign)コンポーネントの表示例を以下に示します。

chlimage_1

エラー表示(Campaign)

このコンポーネントを使用して、バックエンドのエラーを表示できます。このコンポーネントを適切に機能させるには、フォームのエラー処理を「転送」に設定する必要があります。

エラー表示(Campaign)コンポーネントの表示例を以下に示します。

chlimage_1

非表示の調整キー(Campaign)

非表示の調整キー(Campaign)コンポーネントを使用して、非表示のフィールドを調整キーの一部としてフォームに追加できます。 

非表示の調整キー(Campaign)コンポーネントでは、次の項目を設定できます。

  • タイトルとテキスト - エレメント名
    デフォルト値は reconcilKey です。フォーム上の別のエレメント名と競合する場合にのみ、エレメント名を変更する必要があります。2 つのフォームフィールドが同じエレメント名を持つことはできません。
  • Adobe Campaign - マッピング
    Adobe Campaign パーソナライゼーションフィールドにマップします。

非表示の調整キー(Campaign)コンポーネントの表示例を以下に示します。

chlimage_1

数値フィールド(Campaign)

数値フィールドを使用して、受信者に年齢などの数字を入力させることができます。 

大部分の Adobe Campaign コンポーネントに共通の設定に加え、次の項目を設定できます。

  • 制約 - 制約ドロップダウン
    なし」または「数値」を選択して、数値の制約を追加するかどうかを設定できます。「数値」を選択した場合は、このフィールドに数値を入力する必要があります。
  • 制約メッセージ
    さらに、入力値の適切なフォーマットを示す制約メッセージを追加できます。
  • スタイル設定 - 幅
    +」アイコンと「-」アイコンをクリックまたはタップするか、数字を入力して、フィールドの幅を調整します。

幅が設定された数値フィールド(Campaign)コンポーネントの表示例を以下に示します。

chlimage_1

オプションフィールド(Campaign)

このドロップダウンリストを使用して、受信者の性別やステータスなどのオプションを選択できます。

オプションフィールド(Campaign)コンポーネントでは、大部分の Adobe Campaign コンポーネントに共通の設定を使用できます。ドロップダウンリストを設定するには、Adobe Campaign のシンボルをクリックまたはタップし、Adobe Campaign パーソナライゼーションフィールドの適切なフィールドに移動して、そのフィールドを選択します。

オプションフィールド(Campaign)コンポーネントの表示例を以下に示します。

chlimage_1

購読チェックリスト(Campaign)

購読チェックリスト(Campaign)コンポーネントを使用して、Adobe Campaign プロファイルに関連付けられた購読を変更できます。

このコンポーネントをフォームに追加すると、利用可能なすべての購読がチェックボックスとして表示されるので、ユーザーに目的の購読を選択させることができます。ユーザーがフォームを送信すると、フォームのアクションタイプ(「Adobe Campaign:サービスに登録」または「Adobe Campaign:サービスから登録を解除」)に応じて、選択されたサービスにユーザーが登録されるか、ユーザーの登録が解除されます。

注意:

このコンポーネントは、ユーザーがどのサービスを購読または購読解除しているかを確認しません。

購読チェックリスト(Campaign)コンポーネントでは、大部分の Adobe Campaign コンポーネントに共通の設定を使用できます(このコンポーネントに利用できる Adobe Campaign 設定はありません)。

購読チェックリスト(Campaign)コンポーネントの表示例を以下に示します。

chlimage_1

テキストフィールド(Campaign)

テキストフィールド(Campaign)コンポーネントを使用すると、名、姓、住所、電子メールアドレスなど、文字列タイプのデータを入力できます。

大部分の Adobe Campaign コンポーネントに共通の設定に加え、次の項目を設定できます。

  • 制約 - 制約ドロップダウン
    なし」、「電子メール」または「 名前(ウムラウトなし)」を選択して、電子メールアドレスまたは名前の制約を追加するかどうかを設定できます。「電子メール」を選択した場合は、このフィールドに電子メールアドレスを入力する必要があります。「名前」を選択した場合は、名前を入力する必要があります(ウムラウトは許可されません)。
  • 制約メッセージ
    さらに、入力値の適切なフォーマットを示す制約メッセージを追加できます。
  • スタイル設定 - 幅
    +」アイコンと「-」アイコンをクリックまたはタップするか、数字を入力して、フィールドの幅を調整します。

テキストフィールド(Campaign)コンポーネントの表示例を以下に示します。

chlimage_1

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー