現在表示中:

ここでは、利用可能な各種コントロールと基本的なアクションを実行する方法について説明します。

プロジェクト

スクリーンのプロジェクトコンソールには、Adobe Experience Manager のリンク(左上)を選択し、「スクリーン」を選択してアクセスできます。

http://localhost:4502/screens.html/content/screens から直接アクセスすることもできます。

chlimage_1

スクリーンプロジェクトは、プロジェクトの最上部のノードです。異なるプロジェクトは、ブランド、デプロイメント、お客様なども異なる場合があります。

chlimage_1

新しいスクリーンプロジェクトを作成するには:

  1. 作成」をクリックして、ウィザードを開きます。

  2. 必要なテンプレートを選択し、「次へ」をタップまたはクリックします。

    chlimage_1
  3. 必要に応じてプロパティを入力し、「作成」をタップまたはクリックします。

    chlimage_1

    注意:

    デフォルトでは、初期構造には「アプリケーション」、「チャネル」、「デバイス」および「場所」の各マスターページが含まれていますが、必要に応じて手動で調整できます。

プロジェクトが作成され、スクリーンプロジェクトコンソールに戻ります。これでプロジェクトを選択できます。

プロジェクトには 4 種類のフォルダーがあります。

  • アプリ管理
  • 場所
  • チャネル
  • デバイス
chlimage_1

アプリ管理

アプリケーションコンソールでは、画面で実行される AEM Screens 用に作成されたアプリケーションをプレビューできます。

chlimage_1

例えば、http://localhost:4502/screens.html/content/screens/geometrixx/apps に移動して「Geometrixx Virtual Showroom Experience」で「プレビュー」アイコンを選択します。

アプリケーションのプレビューが新しいタブで開きます。

場所

場所では、各種スクリーンの場所に基づいて画面の設定をホストします。

chlimage_1
chlimage_1

デバイス/スクリーンでは、次の内容を確認できます。

  • AEM Screens Player のハードウェアとソフトウェアが実行している内容。プレイヤーが実行されている場合、ハートビートがアクティブになります。表示されるバージョンはファームウェアのバージョンです。サーバーに利用可能なより新しいバージョンがある場合、AEM Screens Player でファームウェアをアップデートできます。
  • 目のアイコンを使用すると、お使いのローカルブラウザー(「ブラウザー」またはファームウェアの「Web」バージョン)でデバイスのコンテンツを再生できます。
  • カメラアイコンを使用すると、リモートスクリーンショットを作成できます。

割り当てられたチャネルは、コンテンツがどのように「表示」に割り当てられるかを示します。あるチャネルの鉛筆アイコンをクリックすると、次の内容が表示されます。

chlimage_1

次の項目を設定できます。

  • 役割:任意の名前。
  • チャネル:作成したチャネルの 1 つを参照します。
  • サポートされているイベント
    • 最初の読み込み:プレイヤーを開始したときにこのチャネルが読み込まれます。予定と組み合わせて複数に割り当てることができます。
    • 待機中画面:スクリーンの待機中に読み込まれます。予定と組み合わせて複数に割り当てることができます。
    • タイマー:スケジュールを指定するときに設定する必要があります。
    • ユーザーインタラクション:スクリーンをタッチすると読み込まれます。
  • 予定:チャネルが表示されるタイミングをテキストで示します。記述方法については、http://bunkat.github.io/later/parsers.html#text を参照してください。
  • アトラクションツールチップを表示:チャネルの実行中にアトラクションツールチップ(「どこをタッチしても開始できる」)を表示するかどうかを定義します。

注意:

デフォルトでは、ここで加えた変更は即時に有効になります。

新しい場所の作成

新しい場所を作成するには:

  1. 場所フォルダー(例:http://localhost:4502/screens.html/content/screens/sample/locations)に移動します。

  2. 場所フォルダーを選択し、アクションバーのプラス記号アイコンの横にある「作成」をタップまたはクリックします。ウィザードが開きます。

    chlimage_1
  3. 必要なテンプレートを選択し、「次へ」をタップまたはクリックします。

    chlimage_1
  4. 必要に応じてプロパティを入力し、「作成」をタップまたはクリックします。

    chlimage_1

場所が作成され、場所フォルダーに追加されます。

chlimage_1

新しい表示の作成

新しい表示を作成するには:

  1. 場所フォルダーを選択し、アクションバーのプラス記号アイコンの横にある「作成」をタップまたはクリックします。ウィザードが開きます。

    chlimage_1
  2. 必要なテンプレートを選択し、「次へ」をタップまたはクリックします。

    chlimage_1
  3. 必要に応じてプロパティを入力し、「作成」をタップまたはクリックします。

    chlimage_1

表示が作成され、選択した場所に追加されます。

chlimage_1

新しいデバイス設定の作成

新しいデバイス設定を作成するには:

  1. 表示フォルダーを選択し、アクションバーの「ダッシュボードを表示」をタップまたはクリックします。

    chlimage_1
  2. デバイス/スクリーン」パネルの右上の「+」ボタンをタップまたはクリックします。

    chlimage_1
  3. 必要なテンプレートを選択し、「次へ」をタップまたはクリックします。

    chlimage_1
  4. 必要に応じてプロパティを入力し、「作成」をタップまたはクリックします。

    chlimage_1

デバイス設定が作成され、現在の表示に追加されます。

chlimage_1

チャネルの割り当て

表示にチャネルを割り当てるには:

  1. 表示フォルダーを選択し、アクションバーの「ダッシュボードを表示」をタップまたはクリックします。

    chlimage_1
  2. 「割り当てられたチャネル」パネルの右上のリンクボタンをタップまたはクリックします。

    chlimage_1
  3. 必要に応じてプロパティを入力し、「保存」ボタンをタップまたはクリックします。

    chlimage_1

チャネルへのリンクが作成され、パネルに追加されます。

chlimage_1

チャネル

チャネルにコンテンツのシーケンスが表示されます。

チャネルには一部の画像のみを表示できますが、アプリケーションも表示できます。

chlimage_1

チャネルコンソールから、ブラウザー上のチャネルをプレビューできます。

また、チャネルを作成用に開くこともできます。これらのチャネルの作成方法について詳しくは、Screens のオーサリング機能を参照してください。

新しいチャネルの作成

新しいチャネルを作成するには:

  1. チャネルフォルダー(例:http://localhost:4502/screens.html/content/screens/sample/channels)に移動します。

  2. チャネルフォルダーを選択し、アクションバーのプラス記号アイコンの横にある「作成」をタップまたはクリックします。ウィザードが開きます。

    chlimage_1
  3. 必要なテンプレートを選択し、「次へ」をタップまたはクリックします。

    chlimage_1
  4. 必要に応じてプロパティを入力し、「作成」をクリックします。

    chlimage_1

チャネルが作成され、チャネルフォルダーに追加されます。

chlimage_1

デバイス

デバイスコンソールでは、デバイスマネージャーにアクセスして、デバイスを表示に割り当てることができます。

chlimage_1

注意:

デバイスを割り当てる前に、デバイスを登録する必要があります。詳しくは、デバイスの登録を参照してください。

デバイスの割り当て

デバイスを表示に割り当てるには:

  1. プロジェクトのデバイスフォルダー(例:http://localhost:4502/screens.html/content/screens/sample/devices)に移動します。

  2. デバイスフォルダーを選択し、アクションバーの「デバイスマネージャー」をタップまたはクリックします。

    chlimage_1
  3. リストから割り当てられていないデバイスを選択し、アクションバーの「デバイスを割り当て」ボタンをタップまたはクリックします。

    chlimage_1
  4. リストからデバイスを割り当てる表示を選択し、「割り当て」ボタンをタップまたはクリックします。

    chlimage_1
  5. 完了」ボタンをタップまたはクリックして割り当てプロセスを完了します。

    chlimage_1

表示ダッシュボードが開き、追加したデバイスが表示されます。

chlimage_1

デバイスのプレイヤーに、表示のデフォルトのチャネル(例:シーケンスチャネルの場合は画像)が自動的に表示されます。

chlimage_1

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー