現在表示中:

概要

この機能を使用すると、次のパターンを検出することによって、既存の AEM インスタンスのアップグレード可能性をチェックできます。

  1. 特定のルールへの違反があり、アップグレードにより影響を受けるか上書きされる領域でおこなわれている。
  2. AEM 6.5 との後方互換性のない AEM 6.x の機能や API を使用しており、アップグレード後に動作しない可能性がある。

これにより、AEM 6.5 へのアップグレードに必要な開発の作業量を評価できます。

設定方法

パターン検出は、AEM 6.5 のアップグレードを対象とした 6.1 から 6.5 のソース AEM バージョンで動作する 1 つのパッケージとして個別にリリースされます。パッケージマネージャーを使用してインストールできます。

使用方法

注意:

パターン検出は、ローカル開発インスタンスを含むあらゆる環境で実行できます。ただし、次の 2 つを同時に達成するには:

  • 検出率を上げる
  • ビジネスにとって重大なインスタンスの減速を避ける

ユーザーアプリケーション、コンテンツ、設定の分野において、実稼働環境にできるだけ近いステージング環境で実行することをお勧めします。

いくつかの方法を使用して、パターン検出の出力をチェックできます。

  • Felix Inventory コンソールを使用:
  1. AEM Web コンソールに移動します(http://serveraddress:serverport/system/console/configMgr)。

  2. 次の図に示すように、ステータス - パターン検出を選択します。

    screenshot-2018-2-5pattern-detector
  • 事後対応テキストベースまたは通常の JSON インターフェイスを使用
  • 事後対応 JSON Lines インターフェイスを使用し、各行に個別の JSON ドキュメントを生成します。

これらの方法の詳細を次に示します。

事後対応インターフェイス

事後対応インターフェイスを使用すると、疑義が検出された場合、すぐに違反レポートを処理できます。

現在、出力は次の 2 つの URL から取得できます。

  1. プレーンテキストインターフェイス
  2. JSON インターフェイス

プレーンテキストインターフェイスの処理

出力の情報は、一連のイベントエントリとして書式設定されます。違反を公開するためのチャネルと、現在の進行状況を公開するためのチャネルがあります。

これらのチャネルは、次のコマンドを使用することで取得できます。

curl -Nsu 'admin:admin' http://localhost:4502/system/console/status-pattern-detector.txt | tee patterns-report.log | grep SUSPICION

出力は次のようになります。

2018-02-13T14:18:32.071+01:00 [SUSPICION] The pattern=ECU/extraneous.content.usage was found by detector=ContentAccessDetector with id=a07fd94318f12312c165e06d890cbd3c2c8b8dad0c030663db8b4c800dd7c33f message="Cross-boundary overlay of internal marked path /libs/granite/operations/components/commons/commons.jsp/jcr:content referenced at /apps/granite/operations/components/commons/commons.jsp/jcr:content with properties redefined: jcr:lastModifiedBy, jcr:mimeType, jcr:data, jcr:lastModified, jcr:uuid". More info at=https://www.adobe.com/go/aem6_EC

進行状況は、grep コマンドを使用してフィルタリングできます。

curl -Nsu 'admin:admin' http://localhost:4502/system/console/status-pattern-detector.txt | tee patterns-report.log | grep PROGRESS

次の出力が得られます。

2018-02-13T14:19:26.909+01:00 [PROGRESS] emitted=127731/52 MB patterns (from=6.5), analysed=45780/16 MB items, found=0 suspicions so far in period=PT5.005S (throughput=34667 items/sec)
2018-02-13T14:19:31.904+01:00 [PROGRESS] emitted=127731/52 MB patterns (from=6.5), analysed=106050/39 MB items, found=0 suspicions so far in period=PT10S (throughput=23378 items/sec)
2018-02-13T14:19:35.685+01:00 [PROGRESS] Finished in period=PT13.782

JSON インターフェイスの処理

同様に、jq ツールを使用すると、公開された JSON をすぐに処理できます。

curl -Nsu 'admin:admin' http://localhost:4502/system/console/status-pattern-detector.json | tee patterns-report.json | jq --unbuffered -C 'select(.suspicion == true)'

出力は以下のようになります。

{
  "timestamp": "2018-02-13T14:20:18.894+01:00",
  "suspicion": true,
  "pattern": {
    "code": "ECU",
    "type": "extraneous.content.usage",
    "detective": "ContentAccessDetector",
    "moreInfo": "https://www.adobe.com/go/aem6_ECU"
  },
  "item": {
    "id": "a07fd94318f12312c165e06d890cbd3c2c8b8dad0c030663db8b4c800dd7c33f",
    "message": "Cross-boundary overlay of internal marked path /libs/granite/operations/components/commons/commons.jsp/jcr:content referenced at /apps/granite/operations/components/commons/commons.jsp/jcr:content with properties redefined: jcr:lastModifiedBy, jcr:mimeType, jcr:data, jcr:lastModified, jcr:uuid"
  }
}

進行状況は 5 分ごとに報告され、疑義ありとしてマークされたメッセージを除外することで取得できます。

curl -Nsu 'admin:admin' http://localhost:4502/system/console/status-pattern-detector.json | tee patterns-report.json | jq --unbuffered -C 'select(.suspicion == false)'

出力は以下のようになります。

{
  "suspicion": false,
  "timestamp": "2018-02-13T14:21:17.279+01:00",
  "type": "PROGRESS",
  "database": {
    "patternsEmitted": 127731,
    "patternsEmittedSize": "52 MB",
    "databasesEmitted": [
      "6.5"
    ]
  },
  "state": {
    "itemsAnalysed": 57209,
    "itemsAnalysedSize": "26 MB",
    "suspicionsFound": 0
  },
  "progress": {
    "elapsedTime": "PT5.003S",
    "elapsedTimeMilliseconds": 5003,
    "itemsPerSecond": 36965
  }
}
{
  "suspicion": false,
  "timestamp": "2018-02-13T14:21:22.276+01:00",
  "type": "PROGRESS",
  "database": {
    "patternsEmitted": 127731,
    "patternsEmittedSize": "52 MB",
    "databasesEmitted": [
      "6.5"
    ]
  },
  "state": {
    "itemsAnalysed": 113194,
    "itemsAnalysedSize": "46 MB",
    "suspicionsFound": 0
  },
  "progress": {
    "elapsedTime": "PT10S",
    "elapsedTimeMilliseconds": 10000,
    "itemsPerSecond": 24092
  }
}
{
  "suspicion": false,
  "timestamp": "2018-02-13T14:21:25.762+01:00",
  "type": "FINISHED",
  "database": {
    "patternsEmitted": 127731,
    "patternsEmittedSize": "52 MB",
    "databasesEmitted": [
      "6.5"
    ]
  },
  "state": {
    "itemsAnalysed": 140744,
    "itemsAnalysedSize": "63 MB",
    "suspicionsFound": 1
  },
  "progress": {
    "elapsedTime": "PT13.486S",
    "elapsedTimeMilliseconds": 13486,
    "itemsPerSecond": 19907
  }
}
{
  "suspicion": false,
  "type": "SUMMARY",
  "suspicionsFound": 1,
  "totalTime": "PT13.487S"
}

注意:

curl からの出力全体をファイルに保存した後、jq または grep を使用して情報タイプをフィルタリングする方法をお勧めします。

検出範囲

現在、パターン検出では以下のことを確認できます。

  • OSGi バンドルのエクスポートとインポートの不一致
  • Sling リソースタイプとスーパータイプ(検索パスのコンテンツオーバーレイを含む)の過剰使用
  • Oak インデックスの定義(互換性)
  • VLT パッケージ(過剰使用)
  • rep:ユーザーノードの互換性(OAuth 設定のコンテキストで)

注意:

パターン検出はアップグレードに関する警告を正確に予測しようとします。ただし、シナリオによっては誤検知が発生する可能性があります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー