AEM Assets Brand Portal は、別の表示オプションを使用しながらリソースの参照、アセット階層のトラバース、およびアセットの検索を容易におこなえる様々な機能とユーザーインターフェイス要素を提供します。

管理者ユーザーは、上部にある AEM ツールバーの AEM ロゴから、管理ツールパネルへアクセスできます。

aemlogo
Admin-tools-panel
BP_subheader

Brand Portal ドロップダウンの左上にあるレールセレクターを使用すると、アセット階層へ移動、検索を効率化、およびリソースを表示するオプションが表示されます。

SideRail

Brand Portal の右上にある表示セレクターで利用可能な表示(カード、列、およびリスト)のいずれかを使用すると、アセットを表示、ナビゲーション、および選択することができます。

ViewSelector

リソースの表示と選択

概念上、表示、ナビゲーションおよび選択はすべての表示で同じ操作ですが、使用している表示によって処理がわずかに異なります。

使用可能な任意の表示方法で、リソースを表示、ナビゲーションおよび(追加のアクションをおこな行うために)選択できます。

  • 列表示
  • カード表示
  • リスト表示

アセット表示

カード表示

Card-view

カード表示では、現在のレベルの各項目の情報カードを表示します。これらのカードは、次の詳細を提供します。

  • アセット/フォルダーの内容を視覚的に表現したもの。
  • タイプ 
  • タイトル
  • 名前
  • AEM から Brand Portal へアセットが公開された日付と時刻
  • サイズ 
  • ディメンション寸法

カードを(クイックアクションを回避するために慎重に)タップまたはクリックして階層の下に移動したり、ヘッダーのパンくずリストを使用して再び上に移動したりできます。

CardQuickActions

管理者以外のユーザー向けカード表示

カード表示のフォルダーのカードは、管理者以外のユーザー(エディター、閲覧者、およびゲストユーザー)にフォルダー階層情報を表示します。この機能は、親階層について、アクセスしようとしているフォルダーの場所をユーザーに知らせます。

フォルダー階層情報は特に、似たような名前のフォルダーを、別のフォルダー階層から共有された他のフォルダーと区別する際に便利です。管理者以外のユーザーが、自分たちに共有されているアセットのフォルダー構造を把握していない場合、似たような名前のアセット/フォルダーは紛らわしくなります。

  • それぞれのカードに表示されるパスは、カードのサイズに合わせて切り詰めて表示されます。ただし、ユーザーが切り詰められたパスにカーソルを合わせると、完全なパスをツールヒントとして表示することができます。
Folder-Hierarchy1

アセットのプロパティを表示する「概要」オプション

「概要」オプションでは、管理者以外のユーザー(エディター、閲覧者、ゲストユーザー)が、選択したアセット/フォルダーのアセットのプロパティを表示できます。「概要」オプションは、次の場所に表示されます。

  1. アセット/フォルダーを選択する際、上部に表示されるツールバー。
  2. レールセレクターを選択する際のドロップダウン。

アセット/フォルダーを選択中に「概要」オプションを選択すると、ユーザーはタイトル、パス、およびアセット作成の時間を確認できます。一方、アセットの詳細ページで「概要」オプションを選択すると、ユーザーはアセットのメタデータを確認できます。

Overview-Option
Overview-Rail-Selector

カード表示の表示設定

表示セレクターで表示設定を選択すると、表示設定ダイアログが開き、カード表示でアセットのサムネールをサイズ変更できます。これにより、表示をパーソナライズして、表示されるサムネールの数を制御できます。

CardViewSettings

リスト表示

List-view

リスト表示では、現在のレベルの各リソースの情報が表示されます。リスト表示は次の詳細を提供します。

  • アセットのサムネール画像
  • 名前
  • タイトル
  • ロケール
  • タイプ
  • ディメンション
  • サイズ
  • 評価
  • アセット階層画像を示すフォルダーパス *
  • Brand Portal 上のアセットの公開日

* パス列を使用すると、フォルダー階層内のアセットの場所が特定しやすくなります。リソース名をタップまたはクリックして階層の下に移動したり、ヘッダーのパンくずリストを使用して上に戻ったりできます。

リスト表示の表示設定

リスト表示の最初の列には、デフォルトでアセットの名前が表示されます。アセットのタイトル、タイプ、ディメンション、サイズ、レーティング、公開状態などの追加情報も表示されます。ただし、「設定を表示」を使用して表示する列を選択することもできます。

List-View-Setting

列表示

column-view

列表示を使用すると、一連のカスケード列からコンテンツツリー内を移動できます。この表示は、アセット階層を視覚化およびトラバースするのに便利です。

最初(一番左)の列のリソースを選択すると、右側にある 2 列目に子リソースが表示されます。2 列目のリソースを選択すると、右側にある 3 列目に子リソースが表示されます(以降も同様です)。

リソース名かリソース名の右にある山形記号をタップまたはクリックすることで、ツリーを上下に移動できます。

  • タップまたはクリックするとリソース名と山形記号がハイライト表示されます。
  • サムネールをタップまたはクリックして、リソースを選択します。
  • すると、チェックマークがサムネールにオーバーレイ表示され、リソース名もハイライト表示されます。
  • 選択されたリソースの詳細が最後の列に表示されます。

列表示でアセットが選択されると、アセットを視覚的に表現したものが次の詳細と共に最後の列に表示されます。

  • タイトル
  • 名前
  • ディメンション寸法
  • AEM から Brand Portal にアセットが公開された日付と時刻
  • サイズ
  • タイプ
  • 詳細オプション(アセットの詳細ページへ移動する)

コンテンツツリー

これらの表示に加え、3 つのツリー表示を使用して、目的のアセットやフォルダーを表示および選択しながらアセット階層をドリルダウンします。

ツリー表示を開くには、左上のレールセレクターをタップまたはクリックし、メニューから「コンテンツツリー」を選択します。

ContentTree

コンテンツ階層から目的のアセットに移動します。

Content-tree

アセットの詳細

アセットの詳細ページでは、アセットを表示、ダウンロード、アセットリンクを共有、コレクションへアセットを移動させる、またはアセットのプロパティページを表示することができます。また、同じフォルダーの他のアセットの詳細ページへ続けて移動することもできます。

Asset-detail

アセットのメタデータの概要、または様々なさまざまなレンディションを表示するには、アセットの詳細ページのレールセレクターを使用します。

Asset-Overview

アセットの詳細ページでアセットの利用可能なレンディションをすべて表示し、レンディションを選択してプレビューできます。

renditions

アセットプロパティページを開くには、上部のバーにある「プロパティ (p)」オプションを使用します。

Asset-Properties

また、アセットの関係も AEM から Brand Portal に公開されているため、アセットのプロパティページですべての関連アセット(AEM 上のソースまたは派生アセット)のリストを表示することもできます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー