この記事では、画像プリセット、メタデータスキーマおよびカスタム検索ファセットを AEM オーサーインスタンスから Brand Portal へ公開する方法について説明します。公開機能を利用すると、AEM オーサーインスタンス上で作成または修正した画像プリセット、メタデータスキーマおよび検索ファセットを再利用して、重複作業を減らすことができます。

注意:

画像プリセット、メタデータスキーマおよび検索ファセットを AEM オーサーインスタンスから Brand Portal へ公開する機能は、AEM 6.2 SP1-CFP7 および AEM 6.3 SP 1-CFP 1(6.3.1.1)以降で使用できます。

Brand Portal への画像プリセットの公開

画像プリセットとは、画像配信の際に画像に適用される一連のサイズ変更コマンドやフォーマットコマンドをまとめたものです。画像プリセットは Brand Portal で作成したり修正したりできます。 あるいは、AEM オーサーインスタンスがダイナミックメディアモードで動作している場合は、ユーザーが AEM オーサーインスタンス上でプリセットを作成し、そのプリセットを AEM Assets Brand Portal に公開することができます。これにより、同じプリセットを Brand Portal 上で作り直す必要がなくなります。
プリセットを作成すると、それがアセット詳細のレンディションレールとダウンロードダイアログに動的レンディションとしてリストされます。

注意:

AEM オーサーインスタンスがダイナミックメディアモードで動作していない場合(ダイナミックメディア機能が購入されていない場合)は、アップロード時にアセットのPTIFFレンディションが作成されません。画像プリセット/動的レンディションはアセットの PTIFF に作用するので、AEM オーサーインスタンス上で PTIFF が利用できない場合には、Brand Portal でも利用できません。したがって、動的レンディションがアセット詳細ページのレンディションレールやダウンロードダイアログに表示されません。

画像プリセットを Brand Portal に公開するには、次のようにします。

  1. AEM オーサーインスタンスで、AEM のロゴをタップまたはクリックしてグローバルナビゲーションコンソールにアクセスし、ツールアイコンをタップまたはクリックして アセット画像プリセットの順に移動します。

  2. 画像プリセットのリストから目的の画像プリセットを 1 つまたは複数選択し、「Brand Portal に公開」をクリックまたはタップします。

PublishPreset

注意:

ユーザーが「Brand Portal に公開」をクリックすると、画像プリセットが公開用のキューに入れられます。レプリケーションエージェントのログを監視して、公開が成功したかどうかを確認することを推奨します。

Brand Portal への画像プリセットの公開を取り消すには、次のようにします。

  1. AEM オーサーインスタンスで、AEM のロゴをタップまたはクリックしてグローバルナビゲーションコンソールにアクセスし、ツールアイコンをタップまたはクリックして アセット画像プリセットの順に移動します。

  2. 画像プリセットを選択し、上部にあるオプションから「Brand Portal から削除」を選択します。

Brand Portal へのメタデータスキーマの公開

メタデータスキーマは、アセットまたはコレクションのプロパティページに表示されるレイアウトとプロパティを記述します。

Metadata-schema-editor
Asset-properties

AEM オーサーインスタンス上のデフォルトスキーマを編集済みで、デフォルトスキーマと同じスキーマを Brand Portal 上でも使用したい場合には、そのメタデータスキーマフォームを Brand Portal に公開することができます。このシナリオでは、Brand Portal 側のデフォルトスキーマが、AEM オーサーインスタンスから公開されたデフォルトスキーマによってオーバーライドされます。

AEM オーサーインスタンス上でカスタムスキーマを作成していた場合は、同じカスタムスキーマを Brand Portal 上で作り直す代わりに、そのカスタムスキーマを Brand Portal に公開できます。公開されたカスタムスキーマは Brand Portal 内の任意のフォルダーまたはコレクションに適用できます。

注意:

デフォルトスキーマが AEM インスタンス側でロックされている場合(つまりデフォルトスキーマが未編集の場合)は、Brand Portal に公開できません。

default-schema-form

注意:

AEM オーサーインスタンス上でフォルダーにスキーマが適用されている場合、AEM オーサーインスタンス上と Brand Portal 上のアセットプロパティページで一貫性を維持するためには、Brand Portal 上にも同じスキーマが存在している必要があります。

メタデータスキーマを AEM オーサーインスタンスから Brand Portal へ公開するには、次のようにします。

  1. AEM オーサーインスタンスで、AEM のロゴをタップまたはクリックしてグローバルナビゲーションコンソールにアクセスし、ツールアイコンをタップまたはクリックして アセットメタデータスキーマの順に移動します。

  2. メタデータスキーマを選択し、上部にあるオプションから「Brand Portal に公開」を選択します。

注意:

ユーザーが「Brand Portal に公開」をクリックすると、メタデータスキーマが公開用のキューに入れられます。レプリケーションエージェントのログを監視して、公開が成功したかどうかを確認することを推奨します。

Brand Portal へのメタデータスキーマの公開を取り消すには、次のようにします。

  1. AEM オーサーインスタンスで、AEM のロゴをタップまたはクリックしてグローバルナビゲーションコンソールにアクセスし、ツールアイコンをタップまたはクリックして アセットメタデータスキーマの順に移動します。

  2. メタデータスキーマを選択し、上部にあるオプションから「Brand Portal から削除」を選択します。

Brand Portal への検索ファセットの公開

検索フォームは、Brand Portal のユーザーにファセット検索の機能を提供します。検索ファセットは Brand Portal 上での詳細検索を可能にします。検索フォームに追加されている述語はすべて、検索フィルター内の検索ファセットとしてユーザーに提供されます。

Property-Predicate-removed
Search-Form

AEM オーサーインスタンスのカスタム検索フォーム「アセット管理者の検索レール」を使用したい場合は、Brand Portal 上で同じフォームを作成し直す代わりに、カスタマイズされた検索フォームを AEM オーサーインスタンスから Brand Portal に公開できます。

注意:

AEM Assets 上のロックされた検索フォーム「アセット管理者の検索レール」は Brand Portal に公開できませんが、編集されている場合は公開可能です。編集されて Brand Portal に公開されると、この検索フォームが Brand Portal 上の検索フォームをオーバーライドします。

編集された検索ファセットを AEM オーサーインスタンスから Brand Portal へ公開するには、次のようにします。

  1. AEM のロゴをタップまたはクリックし、ツール一般検索フォームに移動します。

  2. 編集された検索フォームを選択し、「Brand Portal に公開」を選択します。

    注意:

    ユーザーが「Brand Portal に公開」をクリックすると、検索ファセットが公開用のキューに入れられます。レプリケーションエージェントのログを監視して、公開が成功したかどうかを確認することを推奨します。

Brand Portal への検索フォームの公開を取り消すには、次のようにします。

  1. AEM オーサーインスタンスで、AEM のロゴをタップまたはクリックしてグローバルナビゲーションコンソールにアクセスし、ツールアイコンをタップまたはクリックして アセット検索フォームの順に移動します。

  2. 検索フォームを選択し、上部にあるオプションから「Brand Portal から削除」を選択します。

注意:

Brand Portal で非公開」アクションは、BrandPortal 上のデフォルト検索フォームをそのまま残します。公開前に使用されていた検索フォームは復元されません。

制限事項

  1. 検索用述語の中には、Brand Portal 上の検索フィルターに適用できないものがあります。このような検索用述語が検索フォームの一部として AEM オーサーインスタンスから Brand Portal へ公開された場合は、適用できない検索用述語が削除されます。したがって、Brand Portal 側では、公開されたフォーム内の述語の数が少なくなります。詳しくは、Brand Portal 上のフィルターに適用可能な検索用述語の一覧を参照してください。
  2. オプションの述語に関しては、ユーザーが AEM オーサーインスタンス側のオプションを読み取るために任意のカスタムパスを使用している場合、そのパスは Brand Portal 側では機能しません。このような追加のパスやオプションは、検索フォームと一緒に Brand Portal へ公開されません。その場合は、ユーザーがオプションの述語内の「オプションを追加」で「手動」オプションを選択して、Brand Portal 側でこれらのオプションを手動で追加できます。
Options-Predicate-Manual

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー