Brand Portal は AEM Assets との統合をサポートしており、承認済みブランドアセットを AEM Assets オーサーインスタンスからシームレスに取り込む(または公開する)ことができます。統合された AEM オーサーインスタンスは、レプリケーションエージェントを使用して、選択されているアセットを Brand Portal クラウドサービスにレプリケートし、Brand Portal ユーザーが使用できる状態にします。AEM 6.2 SP1-CFP5、AEM CFP 6.3.0.2 およびそれ以降では、高速な並列公開を実現するために複数のレプリケーションエージェントが使用されています。

注意:

AEM Assets Brand Portal と AEM Assets を適切に連携させるには、AEM 6.4.1.0 にアップグレードすることを推奨します。AEM 6.4 では、Brand Portal との連携を設定する際にエラーが発生し、レプリケーションが失敗します。

Brand Portal のクラウドサービスを /etc/cloudservice で設定すると、すべての必要なユーザーとトークンが自動的に生成されて、このリポジトリに保存されます。クラウドサービス設定が作成され、レプリケーションに必要なサービスユーザーと、コンテンツをレプリケートするレプリケーションエージェントが作成されます。これによって 4 つのレプリケーションエージェントが作成されます。したがって、多数のアセットを AEM から Brand Portal に公開するときは、アセットがキューを形成し、これらのレプリケーションエージェント間でラウンドロビンを通じて配分されます。

しかし、大きな Sling ジョブや、AEM オーサーインスタンス上のネットワークおよびディスク I/O の増加、AEM オーサーインスタンスのパフォーマンスの低下といった理由で、公開が断続的に失敗することがあります。そのため、公開を開始する前に、レプリケーションエージェントとの接続テストをおこなうことを推奨します。

Test-Connection

初めての公開で失敗した場合のトラブルシューティング:公開設定の検証

公開設定を検証するには、次のようにします。

  1. エラーログを確認します。
  2. レプリケーションエージェントが作成されているかを確認します。
  3. 接続をテストします。

クラウドサービスが作成中の場合

直近のログを確認します。レプリケーションエージェントが作成されているかを確認します。レプリケーションエージェントの作成が失敗している場合は、クラウドサービスに小さな変更を加えることでクラウドサービスを編集します。検証をおこない、レプリケーションエージェントが作成されているかをもう一度確認します。作成されていない場合は、サービスを再編集します。

クラウドサービスを何度か編集しても適切に設定されない場合は、Daycare チケットを発行してください。

レプリケーションエージェントとの接続テスト

ログを参照して、レプリケーションログにエラーが記録されている場合は、次のようにします。

1. アドビサポートに問い合わせます。

2. クリーンアップを再試行し、公開設定をもう一度作成します。

既存の Brand Portal 公開設定のクリーンアップ

公開がうまくいかない場合によくある原因は、公開を実行するユーザー(mac-<tenantid>-replication)が最新の秘密鍵を持っていないことです。そのため、公開が「401 Unauthorized」エラーで失敗し、レプリケーションエージェントログに他のエラーは記録されません。その場合は、トラブルシューティングをおこなうのではなく、新しい設定を作成することを推奨します。新しい設定を正しく機能させるには、AEM オーサーインスタンスのセットアップから以下をクリーンアップします。

  1. localhost:4502/crx/de に移動します(オーサーインスタンスが localhost:4502 で動作していると想定)。
     i    /etc/replication/agents.author/mp_replication* を削除します。
     ii    /etc/cloudservices/mediaportal/<config_name> を削除します。
  2. localhost:4502/useradmin に移動します。
    i    ユーザー mac-<tenantid>-replication を探します。
    ii    このユーザーを削除します。

これによってシステム全体がクリーンアップされます。これで新しいクラウドサービス設定の作成を試せるようになります。あるいは、https://legacy-oauth.cloud.adobe.io/ 内の既存の JWT アプリケーションを使用することもできます。新しいアプリケーションを作成する必要はなく、新しく作成したクラウド設定から公開鍵を更新するだけで構いません。

Developer Connection の JWT アプリケーションテナントの可視性の問題

https://legacy-oauth.cloud.adobe.io/ には、現在のユーザーがシステム管理者を務めるすべての組織(テナント)がリストされます。ここに組織名が表示されない場合や、必要なテナントのアプリケーションを作成できない場合は、そのための十分な(システム管理者の)権限を持っているかを確認してください。

この UI には既知の問題が 1 つあります。それは、どのテナントでもトップ 10 件のアプリケーションしか表示されないことです。アプリケーションを作成したら、そのページにとどまり、URL をブックマークしてください。アプリケーション一覧のページに移動して、自分が作成したアプリケーションを探す必要はありません。ブックマークした URL に直接アクセスして、いつでも必要なときにアプリケーションを更新または削除できます。

作成した JWT アプリケーションが適切にリストされない場合があります。そのため、JWT アプリケーションの作成中に URL をメモするかブックマークすることを推奨します。

機能していた設定が動作を停止した場合

それまで問題なく Brand Portal への公開をおこなっていたレプリケーションエージェントが公開ジョブの処理を停止した場合は、レプリケーションログを確認してください。AEM には自動再試行の機能が組み込まれているので、特定のアセットの公開が失敗しても、自動的に再試行されます。ネットワークエラーなどの問題が断続的に発生している場合でも、再試行するうちに公開が成功することがあります。

しかし、公開が連続して失敗し、キューがブロックされている場合は、「接続をテスト」を確認し、報告されるエラーの解決に取り組んでください。

エラーの内容に基づき、サポートチケットを発行することもできます。その場合は Brand Portal のエンジニアリングチームが問題解決をお手伝いします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー