現象

CRX が起動しないか、パーシステンスに関連するログファイルに例外とスタックトレースがある(TarPersistenceManager または FileDataStore など)。

原因

このような問題には、多くの原因が考えられます。

分析/解決策

問題を分析するには、次の情報が必要です。

  • ホットフィックスを含む CRX バージョン。
  • オペレーティングシステム、JVM のベンダーおよびバージョン。
  • ファイル名、ファイルサイズ、および隠しファイルを含むディレクトリおよびファイルリスト。このようなリストは、すべてのクラスターノードのローカルリポジトリディレクトリ、および共有ディレクトリに必要です。「アクティブ」であるディレクトリの情報も含めてください(テスト用にインストールは名前が変更されたり、コピーされたりする場合があります。実際に使用されているインストールを正確に把握する必要があります)。
  • すべてのクラスターノード構成ファイル(repository.xml およびすべての workspace.xml ファイル)

必要な情報を入手する手順

クラスターノードごとに、および crx 共有ディレクトリにおいてこの手順に従います(共有ディレクトリがいずれかのクラスターノード内にある場合を除く)。以下の手順は、通常、license.properties が見つかったディレクトリ(crx-quickstart の親ディレクトリ)です。

注意:java -version を実行するときは、CRX か CQ5 インスタンスで使用されているものと同じ java executable に対して実行しているかを確認してください。

Linux または Mac

すべてのデータを取得するには、シェルで次のコマンドを実行します。

cd <clusterNode1>
java -version 2> infoJavaVersion.log
find . -name "crx*.jar" > infoCrxVersion.log
ls -alR > infoFileList.log
zip -r clusterNode1.zip . -i */repository.xml */workspace.xml */*.log *.log */*.log.*
rm info*

Windows

Windows のシステムでは次の手順を実行します。

  1. スタートから実行へ移動してコマンドプロンプトを開き、Run ダイアログにおいて cmd をタイプし、[ Enter ] をヒットします。
  2. コマンドプロンプト(crx クイックスタートディレクトリおよび license.properties ファイルを含むパス)で次のコマンドを実行します。
    • cd <clusterNode1>
    • java -version 2> infoJavaVersion.log
    • dir /A /S crx*.jar > infoCrxVersion.log
    • dir /A /S > infoFileList.log
  3. Windows エクスプローラーで、<clusterNode1>ディレクトリにブラウズし、Ctrl キーを押しながらクリックしてこれらのファイルを選択します。infoJavaVersion.loginfoCrxVersion.log および infoFileList.log.
  4. 選択された/ハイライトされたファイルで、右クリックして Windows エクスプローラーのコンテキストメニューを開き、「Send To」 > 「圧縮 (zip) フォルダー」を選択します。
  5. ZIP ファイルは事前に選択したファイルが含まれているフォルダーで作成され、さらに分かりやすいように、名前の変更をします(例えば analyzepersistenceissues_ cq5x_ author_ dev.zip

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー