CQ5.2.x:ログイン画面は空白になり、ユーザーのログインを禁止します

現象

作成者インスタンスに http://<host>:<port>/を介してアクセスした場合、ブラウザーが空白ページおよびアクセスログを表示しました。アクセスログには、通常の 302ステータスコードの代わりに 401ステータスコードで匿名でページにアクセスが試行されたと表示されました。これにより、ユーザーは作成者インスタンスにアクセスできなくなります。

http://<host>:<port>/crx にログインします。そして http://<host>:<port>/system/console は影響を受けず、正常に機能するようになりました。

原因

ページのプロパティ「sling:vanityPath」を空白に設定します。これにより、Sling はログインページではなくこのページにリダイレクトされます。

解決策

管理者アカウントで http://<host>:<port>/crx にログインします。「検索」ボタンをクリックして、次のクエリを使用しページを出します。

select * from cq:PageContent where sling:vanityPath = ''

または

//element(*,cq:PageContent)[@sling:vanityPath='']

すべてのリターンページについて、プロパティ「sling:vanityPath」を検索し、このプロパティを削除します。

注意:プロパティが削除された後は使用不可になります。

今後の問題を回避するには、値が「false」と同じ、属性 "allowBlank" [type: Boolean] を追加することで、ノード/libs/foundation/components/page/dialog/items/advanced/items/vanityPath/fieldConfig を変更します。

これにより、作成者がプロパティ"sling:vanityPath".に空の値を入力できなくなります。

適用対象

CQ5.2.x

アドビのロゴ

アカウントにログイン