問題

条件がワークフローランチャーでどのように動作し、どのような条件が可能かを知りたいこともあります。

解決策

ワークフローランチャーの条件は、設定されたワークフローが開始する必要があるかどうかを判定するためのフィルターとして使用されます。

単純に等しい機能性は、そのときに実装されます。例えば、cq:template==/apps/geometrixx/templates/contentpage
構文は非常に単純です。property == value

これは有効なワークフローランチャーごとに1つのみ必要となり、設定されたイベントが発生したノードのすべてのプロパティを確認できます。

このワークフローは、条件構文が正しい場合にのみ開始されます(上記を参照)。トリガーされたイベントのノードに応答する利用可能なプロパティがあり、設定された値はこのノードのプロパティの値と等しくなります。

適用対象

CQ5.2+

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー