目的

Dispatcher サーバーにログインせずにディスパッチャーキャッシュを削除する方法。

環境

AEM 6.x

手順

  1. /crx/packmgr/index.jsp を介して最新の ACS Commons ライブラリバージョンをダウンロードしてインストールします。  ここからダウンロードできます。

  2. http://aemhost:port/miscadmin に移動し、必要に応じて何回も標準の Dispatcher Flush エージェントをコピーして変更します(各ディスパッチャーの IP で設定)。

    例:

    dispatcher1
    一般 => 有効
    トランスポート => http://10.43.32.126/dispatcher/invalidate.cache
    トリガー => 次のボックスをオンにします。「デフォルトを無視」、「ステータス更新がありません」、「バージョン管理がありません」

    dispatcher2
    一般 => 有効
    トランスポート => http://10.43.32.146/dispatcher/invalidate.cache
    トリガー => 次のボックスをオンにします。「デフォルトを無視」、「ステータス更新がありません」、「バージョン管理がありません」

  3. Dispatcher Flush UI を設定して、キャッシュフォルダーの /etc の下にあるキャッシュ内のすべてを削除します。  ドキュメントを参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー