無効にするには、ユーザーが物理的な場所を共有するように求められないように、AEM の geolocation コンテキストストアを使用します。

手順

ユーザが初めて AEM サイトを読み込むと、物理的な場所を共有するかどうかを確認するメッセージが表示されます。

I. クライアントコンテキストが原因であることを確認します

クライアントコンテキストで geolocation を無効にする前に、まず Client Context が使用されており、geolocation が有効になっていることを確認する必要があります。

  1. 開発者向けツール>ネットワークパネルを開いてブラウザーでサイトを読み込みます。  Google Chrome でブラウザーウィンドウの右上の Chrome メニューを選択し、ツール > 開発者向けツールを選択してください。  ネットワークタブ
    を選択してください。

  2. ネットワークパネル上で、stores.init.js
    を検索します。

  3. 以下のような結果となった場合には、があり検索利益 AEM クライアントのコンテキストを有効になっています。
    /etc/clientcontext/default/content/jcr:content/stores.init.js?path=%2Fcontent%2Fgeometrixx%2Fen&_=1511221424870.

  4. その stores.init.js url をダブルクリックします。

  5. コード内で " geolocation " を検索します。

    CQ_Analytics.GeolocationUtils.init("geolocation");

  6. このコードがあった場合には、geolocation store は AEM クライアントのコンテキストで使用されています。

II.Geolocation Store を無効にします。

無効にするには、作成者インスタンスで次の操作を行います。

  1. 作成者/sites.html に移動します。

  2. クライアントのコンテキストが設定されているサイトのルートへの参照です。

  3. ページを編集用に開きます。

  4. デザインモードに切り替えます。

  5. ページの最上部で、clientcontext のデザインをする編集ボタンをクリックします。

  6. これにより、クライアントのコンテキストをサイトが、/etc/clientcontext を指しているかを確認するのに役立ちます。

  7. /miscadmin に行き左側のツリーで参照されているクライアントのコンテキストの設定を選択します。

  8. ダブルクリックして編集します(例えば、/etc/clientcontext/default/content.html などのぺージを開く必要があります).

  9. クライアントコンテキスト編集者ページの編集モードに行き、クライアントコンテキストボックスの geolocation store 項目を削除します(緯度と経度を示すマッププレゼンテーションを削除します)。

  10. クライアントコンテキストページを公開インスタンスにアクティベートします(サイドキック経由で)。

  11. この URL でこの問題が解決するかどうかを確認します。http://www.txdot.gov/etc/clientcontext/default/content/jcr:content/stores.init.js?path=%2Fcontent%2Ftxdot%2Fen&_=1511221948185

  12. この行が js ファイルから消えた場合には、削除が成功したことになります。

    CQ_Analytics.GeolocationUtils.init("geolocation");

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー