質問

ContentFinder の更新間隔を変更する方法は?

回答、解決策

デフォルトでは、ContentFinder は、新しいアイテムを確認するため、自動的に20秒ごとに検索結果を更新します。これは、特にログに表示される ContentFinder 要求が長時間にわたる場合にパフォーマンスの低下の原因の1つも更新されます。

間隔は /libs/cq/ui/widgets/source/widgets/wcm/ContentFinderTab.js スクリプトを重ねて変更することによって定義される更新.

ContentFinder の更新間隔の無効化

CQ5.2.1

  1. 上記に書かれたパッチを適用する添付パッケージ(cfRefreshInterval.zip)をインストールする

CQ5.3+

CQ5.3+ で次のことが行えます。

  1. /crxde(CRXDE Lite)Web アプリケーションを開き、管理者としてログインします
  2. /libs/cq/ui/widgets/source/constants.js を /apps/cq/ui/widgets/source/ にコピーします(/apps の下にフォルダー構造が存在しない場合は、最初にこれを作成してから、constants.js をコピーします)
  3. CQ.CF_REFRESH_INTERVAL 制約の値を 0 に変更します

または

  1. CQ.CF_REFRESH_INTERVAL 設定が 0 に設定されているこのオーバーレイを含む添付された constants.zip パッケージをインストールします。

初期コンテンツファインダー検索を無効にする

コンテンツファインダーは、ユーザーがコンテンツファインダータブをクリックして各ページの読み込みを行うと、自動的にアセット検索も行います。自動検索の結果が作成者にとって役立つ場合や、パフォーマンスの向上にこの機能を使用する場合は、この検索を無効にする必要があります。注意:下のプロセスは、CQ5.3 と CQ5.2.1 で処理しています。

タブをクリックするか、ページを読み込むときに、コンテンツファインダーが実行した初期検索を無効にするには、次の操作を行います。

  1. CRX Explorer または CRXDE Lite を使用して、/libs/cq/ui/widgets/source/widgets/wcm/ContentFinderTab.js を /apps/cq/ui/widgets/source/widgets/wcm/ にコピーします(/apps の下にフォルダー構造が存在しない場合は、最初にこれを作成してから、ContentFinderTab.js をコピーします)
  2. CRX リポジトリで、コピーしたファイルを次のように変更します。コンテンツファインダーの表示イベントハンドラーで this.loadStore(this.getParams()) をコメントアウトします
  3. 変更したファイルを CRX リポジトリに保存します

/apps/cq/widgets/source/widgets/wcm/ContentFinderTab.js

CQ.wcm.ContentFinderTab.getResultsBoxConfig = function(config, proxyConfig,
storeConfig, refreshInterval) {

// MOD START: disable refreshing
refreshInterval = "0";
// MOD END: disable refreshing

/apps/cq/widgets/source/widgets/wcm/ContentFinderTab.js

constructor: function(config) {
  config = CQ.Util.applyDefaults(config, {
    "layout": "border",
    // "title": config.title ? config.title : "",
    "items": [],
    "listeners": {
    "show": function() {
    //this.loadStore(this.getParams());
  }
}
});

CQ.wcm.ContentFinderTab.superclass.constructor.call(this, config);
},

コンテンツファインダーの検索候補を無効にする

ユーザーがコンテンツファインダー検索ボックスでパスの入力を開始すると、ユーザーに候補が提供されます。  大量のコンテンツを含む CQ5 インスタンスでこの機能を使用すると、システムのパフォーマンスの低下の原因となります。

この機能を無効にするには、以下を実行します。

  1. CRX リポジトリ内のすべてのコンテンツファインダー拡張スクリプトの場所を特定します(Webdav、CRX Explorer、または CRXDE Lite if using 5.3+を使用できます)。  これらのスクリプトは次のパスで見つけることが可能:
    /apps/wcm/extensions/contentfinder/*.js
    /apps/<app-name>/extensions/contentfinder/*.js
  2. CRXDE Lite を使用して、(まだ存在しない)すべての js ファイルを /libs/wcm/extensions/contentfinder/ to /apps/wcm/extensions/contentfinder/ からコピーします。  もし、/apps/wcm/extensions/contentfinder/ ディレクトリがまだ存在しない場合は、作成しすべてのファイルを /libs/wcm/extensions/contentfinder からコピーします。
  3. 手順 1 で説明した2つの /apps ディレクトリにあるすべてのスクリプトを次のように変更:SuggestionFieldBox url を次のような空の文字列に置き換え:
    CQ.wcm.ContentFinderTab.getQueryBoxConfig({
    "id": "cfTab-Pages-QueryBox",
    "items": [
    CQ.wcm.ContentFinderTab.getSuggestFieldConfig({"url": ""})

    ]
    })、

注意:手順 3 でテキストを置き替える必要があります。機能しないので行にコメントしないでください。

 

適用対象

CQ5.2.1/CQ >= 5.3

ダウンロード

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー