質問

新しい Featurepack をインストールする前に、/apps の下にある既存のオーバーレイが、更新された製品コードと競合していないことを確認してください。

回答、解決策
 
 

この問題に関するパッケージマネージャーの拡張リクエストが存在します。

製品の今後のリリースでは、パッケージ内のファイルが既にオーバーレイ済みであることを検出したときに、パッケージマネージャーが警告を解決できるようになります。

その場合は、次の対処方法を指定できます。

CQ Package Manager を使用してパッケージのページを開き、「コンテンツ」ボタンを使用してパッケージのコンテンツを表示します。

ファイルシステム内のテキストファイルにコンテンツをコピーします。

添付されたシェルスクリプトを次の引数で実行します。

1) テキストファイルのパス

2) CQ インスタンスの管理者ユーザーのユーザー名

3) 管理者ユーザーのパスワードは何ですか?

4) 最後のスラッシュなしの CQ インスタンス(「http://localhost:5401」)の URL。

スクリプトは、カールリクエストを介して /apps に同等ファイルがある場合は、パッケージ内の /libs にあるオーバーレイ可能なファイルのすべてをチェックし、このようなファイルのリストを出力します。

カスタムコードを更新された製品コードに適合させるために、ファイルのマージは標準の diff とテキストツールを使用して手動で実行する必要があります。

もう 1 つの回避策は、テストを実行する製品に統合 JSP の形式で後で追加することもできます。

適用対象

CQ5.x

ダウンロード

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー