問題点

CQ3.x あるいは CQ4.x で、404や500エラーに対するカスタムエラーページを作成する方法はありますか?

解決策

設定ファイル/config/delivery/scripting.xml を編集し、ステータス404または500に対するエラーハンドラーを追加します。例:

注意:<error status="*" script="/libs/Errorhandler/status.ecma" type="ecma" />を消さずにその後にハンドラーを追加します。

ESP スクリプト

<errorhandler>
    <error status="*" script="/libs/Errorhandler/status.ecma" type="ecma" />
    <error status="404" script="/path/to/your/script.esp" type="ecma" />
    ...
</errorhandler>

JSP スクリプト

<errorhandler>
    <error status="*" script="/libs/Errorhandler/status.ecma" type="ecma" />
    <error status="404" script="/path/to/your/script.jsp" type="jsp" />
    ...
</errorhandler>

Script Handler Reference のページを参照してください。

注意:

  • 数字で始まるスクリプト名にしないよう注意してください(例:404.jsp は無効な名前です)。この問題の詳細については、こちらを参照してください。
  • Internet Explorer や Google Chrome で表示されるエラーページに対して、応答によって出力される文字数は1000を超えなければなりません。そうでない場合、IE および Chrome はデフォルトのエラーページを出力します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー