問題点

作成者インスタンスから発行されたレプリケーション、および並列 Dispatcher フラッシュ中の潜在的なタイミングの競合を避けるため、パブリッシュインスタンスは replicate-on-modification トリガーを介して Dispatcher キャッシュをフラッシュするように構成されています。

ただし、DAM アセットの複製は予期しない Dispatcher フラッシュ要求を発生させることはありません。

解決策

CQ5.3、CQ5.4および CQ5.5

replicate-on-modification 機能は現在 Page イベントに対してのみトリガーされるため、DAM アセットは無視されます。この問題を解決するためのパッケージが添付されており、次の内容が含まれています:

  • Dispatcher wf-model をフラッシュ、publish-runmode に対してのみ有効
  • カスタム ecma-script を使用した Dispatcher キャッシュのフラッシュの開始
  • DAM アセット(元のレンディション)が変更されている場合、wf-launcher を使用して上記の wf-model をトリガーします。

パッケージをインストールするには、作成者インスタンスにアップロードし、CQ Package Manager UI を使用してパブリッシュインスタンスにライセンス認証します。パッケージが自動的にデプロイされ、パブリッシュインスタンスにインストールされます。

パッケージは、現在このリンクのパッケージ共有からご利用いただけるようになりました。

statfileslevel 設定のこのリンクを見ます。

ディスパッチャフラッシュ wf-model は、フラッシュ要求をトリガーするための ecma スクリプトへのプロセス引数として、ディスパッチャーフラッシュエージェントのデフォルト ID を ecma-script に渡します。環境内で異なる場合は、次のように「フラッシュディスパッチャー」workflow-step のプロセス引数を調整します:

agent:<flush_agent_id>

オプションで、フラッシュコマンドをコンマで区切ることで、複数のディスパッチャーフラッシュエージェント用に設定できます。例:- フラッシュ1およびフラッシュ2はディスパッチャーフラッシュエージェントのエージェント ID で、ディスパッチャーフラッシュ wf モデルではプロセス引数は次のように記述されます:

agent:flush1,agent:flush2

CQ5.6以降

注意:

CQ5.6以降では、このワークフローに基づいたソリューションは必要ではなくなりました。

新しい「チェーンレプリケーション」機能で代わりにフラッシュを処理することもできます。この機能を有効にすると、作成者から複製を受信したときに、ディスパッチャーエージェントがフラッシュ要求を送信します。

有効にするには:

  1. フラッシュエージェントを作成する手順にパブリッシュするには、こちらに従います
  2. 各エージェントの設定に移動し、「トリガー」=>「受信時」ボックスをチェックします。

ダウンロード

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー