質問/問題

フェイルオーバーやパフォーマンス要件を満たすには、2 つ以上の個々の CRX クラスターインスタンスを構成するクラスター環境を設定することをお勧めします。この記事では、手動で 2 つの CRX インスタンスのクラスターを設定する方法を説明します。

回答/解決策

クラスターノードは、TCP / IP を介して、および共有フォルダー経由でファイルシステムを介して、異なるレイヤーで相互に通信します。クラスターに参加しているすべてのインスタンスの読み取り/書き込み処理で、後者がアクセス可能です。マスターインスタンスのみがこのフォルダーに書き込みます。マスターインスタンスがダイまたは停止する場合は、別のインスタンスが自動的に新しいマスターになります。

クラスターをインストールするには複数の方法があります。1 つは、repository-template.xml ファイルを変更し、通常は各インスタンスをインストールすることです。もう 1 つは、'template' インスタンスを作成し、別のクラスターノードにこれをコピーすることです。

カスタム repository-template.xml を使用したインストール

CRX2.x のみです。

  • 最初のインスタンスをインストールする前に、ccrx-explorer_crx.war ファイルを解凍します。
  • repository-template.xml ファイルを編集:共有パスを設定します。
  • crx-explorer_crx.war ファイルを再パッケージします。

各インスタンスに、このカスタム crx-explorer_crx.war ファイルをインストールします。すべてのクラスターノードは同じ共有パスを参照します。

共有ディレクトリをオンラインバックアップに含めるには、各クラスターノード内の共有パスに symlink を作成します。CRX の実行中にこれを行うことができます。symlink はオンラインバックアップ中にのみ使用されます;symlink は通常の操作では使用されません。このために設定を変更する必要はありません。symlink を作成するには:

  • crx-クイックスタート/リポジトリへ移動
  • 共有共有フォルダーへ指示: ln -s <path_to_network_share>共有という名前のシムリンクを作成

これは、OnlineBackup ツールを使用したいクラスターノードを必要とされます。お勧めのシムリンク名は共有されていますが、異なる名前を使用することもできます。シムリンクは Online Backup ツールの crx-quickstart フォルダー内に必要となります。

Installation Using Template Instance

First Instance をインストール

最初のインスタンスのインストールを開始します。共有フォルダーは必要なので(例として NFS や CIFS など)、このネットワーク共有を使用できるように、ファイルシステムで symlinks を使用することをお勧めします。

インストールする前にネットワーク共有を設定するには、次の操作を行います。

  • 最初のフォルダー構造を生成するために CRX クイックスタート jar ファイルを解凍します:java -jar *.jar -unpack
  • crx-quickstart/repository へ移動します
  • 共有フォルダを格納する必要があるネットワーク共有を指す shared という symlink を作成します:ln -s <path_to_network_share> shared
  • CQ/CRX を起動します:java -Xmx256m -jar *.jar

インストール時に、CRX では共有 symlink により、共有ファイルとフォルダーのインストールに透過的にネットワーク共有が使用されます。インストールが完了したら、network-share が実際に使用されていることと、CRX が正常に動作していることを確認します。次に、インスタンスを停止し、次の手順に進みます。

追加クラスタノードのインストール

  • 2番目のマシン例:/opt/day/crx に有効な license.properties ファイルが含まれているので、同じ CRX クイックスタート JAR ファイルのコピー
  • /opt/day/crx の下で、最初のインスタンスから完全な crx-quickstart フォルダーを 2 番目のマシンにコピーします
  • 2 番目のマシンでは、/opt/day/crx/crx-quickstart/repository に移動します
  • 起動時に自動的に再作成されるファイル cluster_node.id を削除します(クラスター ID は一意でなければなりません)
  • シムリンク shared が最初のインスタンスと同じネットワーク共有にポイントしていることを確認してください
  • 両方のインスタンスを 1 つずつ開始します

この時点で、2 ノードの CRX クラスターが実行しています。どちらか一方のインスタンスで作成/変更されたコンテンツは、もう一方に表示できます。

影響を受けるバージョン

CRX 1.4.1、1.4.2、2.0

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー