問題点

Communiqué tmp フォルダーに、次のパターンと一致するファイルが多数ある。+JF*.tmp

解決策

次のいずれかの操作を行います:

  • Communiqué の実行に使用する jdk の lib/fonts ディレクトリに、TrueType フォントを直接格納します。
  • 新しいエントリエレメントを awtfontpath セクションに追加します。/config/delivery/graphics.xml:

<awtfontpath appendJREFonts="true"> <entry path="AbsolutePathToYourFontsFolder" /> <entry path="fonts" /> </awtfontpath> AbsolutePathToYourFontsFolder は、フォントフォルダーへの絶対パスです。

追加情報

この問題は、アプリケーションがリポジトリから TrueType フォントを読み込む Communiqué グラフィックエンジンを使用するために発生します。TTF のフォントレンダリングは、最終的にシステム上のファイルを必要とするため、これらのフォントは java.awt 機能によってファイルシステムにアウトソースされます。このため、これらのファイルは、割り当てられた JVM tmp ディレクトリに移動します。これらはシャットダウン時にのみ解放されますが、使用されているフォントごとに 1 つしか取得できません。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー