現象

Communiqué インスタンスは、ステータスコード500に応答していなくても、Dispatcher を通じて引き続きアクセスできる場合があります。

原因

Dispatcher 設定で複数のレンダリングを使用する場合(例:Communiqué インスタンスなど)は、どのレンダリングを要求のために使用するか決定するため、ペナルティポイントシステムが適用されます。Communiqué インスタンスが500のコードを返す場合、Dispatcher は大きなペナルティを科すことで、他のレンダーの優先度を高くします。ただし、失敗したインスタンスは引き続きアクセスできます。そのため、インスタンスログを監視することをお勧めします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー