この記事では、AEM インストールの crx-quickstart/インストールフォルダーに配置した場合に OSGi 設定またはバンドルがインストールできない問題を解決する方法について説明します。

AEM インストールの crx-quickstart/インストールフォルダーに設定またはバンドルを配置し、インストールされなかった場合は、問題をデバッグするために次の手順に従います。

  1. http://host:port/system/console/osgi-installer に移動し、管理者としてログインしてください。

  2. このユーザーインターフェイスでは、どのバンドルと設定が、いつ適用されたかについて表示されます。これには crx-quickstart/インストールフォルダーで適用されたファイルと JCR(Oak)リポジトリインストールフォルダーにあるファイルが含まれています。

  3. OSGi の設定ツールの他に、インストールモジュールでデバッグログを有効にすることもできます。http://host:port/system/console/slinglog
    に移動します。

  4. 新しいロガーの追加
    」をクリックします。

  5. ログレベル」を「デバッグ」に設定します。

  6. ログファイル」を「logs/installer.log」に配置します

  7. これらの「Loggers: org.apache.felix.fileinstall, org.apache.sling.installer」を追加します。

  8. 保存します。

  9. AEM サーバー OS にログインおよび crx-quickstart/logs/installer.log を表示します

  10. インストールフォルダーファイルを変更すると、installer.log に対応するログメッセージが表示されます。

OSGi 設定が失敗する可能性があるものは次のとおりです。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー