質問

場合によっては、アクセスを制限し、ユーザーまたはグループに対する一部のワークフローモデルの表示を制限すると便利な場合があります。どのようにして CQ5 セキュリティ管理で表示できないワークフローモデルの有効な権限を割り当てることができますか?

回答、解決策

ワークフローモデルで ACL を設定するには、CRX Content Explorer を使用する必要があります。次の手順は、パブリッシュ例のワークフローモデルへの読み取りアクセスを拒否する方法を実証します。
 
実際の CQ バージョンによって、手順が少し異なることに注意してください。

CQ5.1、CQ5.2.x

  • 管理者としてログインし、CRX Content Explorer で crx.default ワークスペースを開きます。
  • パブリッシュ例のワークフローモデル /etc/workflow/models/publish_example に移動します
  • 左側のツリーでノードが選択されていることを確認します
  • 上部のツールバーで、「バージョン」ボタンをクリックし、「チェックアウト」を選択します
  • ワークフローモデルは編集可能です。
  • 次に、「セキュリティ」ボタンをクリックし、「ACL エディター」を選択します
  • 新しい権限を作成し、グループを選択して、読み取りを拒否します(残りには変更を加えずに)
  • 適用」をクリックし、ウィンドウを閉じます
  • バージョン」->「チェックイン」でワークフローモデルに今すぐチェックインします

この時点で、上記のグループのすべてのメンバーは、サイドキックまたはワークフローコンソールでパブリッシュ例のワークフローモデルを確認しません。

CQ5.3

  • 管理者としてログインし、CRX Content Explorer で crx.default ワークスペースを開き、ワークフローモデルノードをチェックアウトします(上記と同じ)。
  • 次にセキュリティボタンをクリックしアクセス制御エディターを選択
  • 適用可能なアクセス制御ポリシー」セクションで、org.apache.jackrabbit.core.security.authorization.acl.ACLTemplate の横にあるチェックボックスをオンにします
  • 選択したポリシーを設定」をクリックします
  • 次に新しい ACE をクリックします
  • 権限を設定するプリンシパル(ユーザー/グループ)を参照します
  • jcr:read を拒否し、確認します
  • 適用」をクリックしウィンドウを閉じます
  • 次に「バージョン」を介してワークフローモデルにチェックインします -> 「チェックイン

適用対象

CQ5.1、CQ5.2.x、CQ5.3

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー