excludedPaths を Lucene インデックス定義に追加して GC イベントを減らす

問題:メモリ使用量の増加と頻繁な GC イベント

Adobe Experience Manager 6.0 with SP2 をインストールしたら、インスタンスで作業しているユーザーがいなくてもメモリ使用量が増加し、GC イベントが頻繁に発生します。

解決策

この動作は、デフォルトのトポロジ・メカニズムが30秒ごとにハートビート・チェックを行うため出現します。

このチェック結果は、/var/discovery/...以下で更新され、これはデフォルトの Lucene インデックス(/oak:index/lucene)によってインデックス付けされます。その非同期処理は通常メモリ内で多少重く、インデックスを読み込み/更新するために300〜400 MB を必要とします。

このエフェクトを避けるには、Lucene のインデックス定義に excludedPaths プロパティを追加します。このパラメーターは Apache Jackrabbit Oak のこちらのドキュメントに記述されています。

パッケージ共有で利用できる最新の Oak コアバンドルを使用する必要があります。ここの Adobe Experience Manager 6.0で使用可能なホットフィックスのリストを確認します。

適用する:AEM 6.0、6.1

アドビのロゴ

アカウントにログイン