このページは、AEM 6.0 Service Pack 3 のリリース前に、推奨されるホットフィックスページの古いバージョンです。

AEM 6.0 の上にインストールするために推奨されるホットフィックスのリストを表示します。*SP3がインストールされてない場合*

Adobe は、Service Pack 3 のインストールを推奨します。SP3 の上にインストールするホットフィックスのためのこのページを参照してください。

概要

次のホットフィックスは、現在 Adobe Experience Manager 6.0 が使用可能です。ただし、そのインスタンスに見つからない場合は、推奨されるホットフィックス(太字)をインストールすることを検討してください。

注意:

パッケージ共有の公開セクションには、マークされたすべてのホットフィックス(太字の a*)を見つけることができます。ここで説明するように、登録済みのユーザーはパッケージ共有にアクセスできます。

  • AEM サポートチケットを介して他の修正プログラムをリクエストします。
  • ほとんどの修正プログラムは、指定された場合を除きスタンドアロンで、任意の順序でインストールできます。パッケージ共有の「詳細」タブの依存要素を調べることで、自己検証できます。 
  • 現時点では、公開修正プログラムのリリースノートは、AEM サポートポータルを通じてのリクエストにのみ提供されています。パッケージ共有はすぐに直接保持されます。

Adobe Experience Manager 6.0 Service Pack 2は2015年2月3日にリリースされました

注意:

最新の Service Pack 2の上に、ここにあるすべての修正プログラムをインストールします。

Adobe Experience Manager 6.0の一般リリース以降にリリースされたセキュリティ、パフォーマンス、安定性、主要な顧客の修正および拡張機能を含む、最新の Service Pack のインストールが推奨されています。 

パッケージシェアの最新のサービスパック(SP 2)へのダイレクトリンクです。 https://www.adobeaemcloud.com/content/marketplace/marketplaceProxy.html?packagePath=/content/companies/public/adobe/packages/cq600/servicepack/AEM-6.0-Service-Pack-2

http://docs.adobe.com/docs/en/aem/6-0/release-notes-sp2.html に更新されている利用可能な詳細情報をみる。

コア

セキュリティの脆弱性

以下のホットフィックスでは、いくつかの重要な脆弱性を解決します。Adobe は、SP2インスタンスのすべての Adobe Experience Manager 6.0 のトップにあるこのセキュリティアップデートをすぐにインストールすることを強く推奨します。

お客様を保護するために、アドビではいかなる脆弱性の詳細も開示しません。 

日付 名前 修正点
2015年4月22日 ホットフィックス6167 *

AEM6 SP2のセキュリティの修正コンテナ、ホットフィックス5918と6109 からのパフォーマンスと安定度の修正も含まれています

注意:AEM のフォームを使用している場合は、ホットフィックスをインストール後、最新フォームで使用する付属パッケージを再インストールしてください。

2015年5月22日 ホットフィックス 6446 * Webdav セキュリティ修正
2015年6月4日 修正プログラム 6445 * Apache Sling Servlets Post 2.3.6に影響を与える脆弱性

Oak

現在推奨されている Oak のバージョンは1.0.23です。

日付 名前 修正点
2015年11月10日 ホットフィックス 7884 * リリースノートを参照
* Oak-1.0.23-readme.txt
HF 7884 - Oak 1.0.23 のリリースノート

オーク実行ツールは、Maven Central Repository にあります。使用中のオークコアのバンドルと同じオーク実装のバージョンを活用してください。

crx2oak のリポジトリ移行ツールはこちらから入手できます http://docs.adobe.com/content/docs/en/aem/6-0/deploy/upgrade.html#Migrating%20the%20repository%20to%20OAK

注意:

最新の Oak リポジトリを最大限に活用するには、インデックス最適化と効率的なリポジトリコンパクションに関する最新のヒントを含む 6.0パフォーマンス調整ページの Oak セクションを注意深くチェックしてください。

パフォーマンス

上記の初期修正プログラム6167インストールしてください。これにはいくつかのパフォーマンス改善も含まれています。

日付 名前 修正の説明
2015年6月10日 修正プログラム6031* タグ管理におけるパフォーマンスの向上。修正プログラムははシステム変数を含む cqTaggingLikeEnabled。詳細については、タグの管理:タグのクエリーの問題を参照してください。
2015年8月27日
修正プログラム
7026

「特にページを読み込んでいる間は、同期 Ajax リクエストは避けてください」と Google Chrome が警告を報告するページを開いている間。詳しくは、Readme を参照してください。

注意: AEM のフォームを使用している場合、最新の AEM アドオンを形成するパッケージをインストールします。最新のパッケージを入手するには Adobe サポートにお問い合わせください

2015年9月18日
ホットフィックス 7482 * バックグラウンドスレッドでのバージョンの消去

ワークフロー

日付 名前 修正の説明
6 年 8 月 修正プログラム7373 * 様々なワークフローエンジンの修正

レプリケーション

日付 名前 修正の説明
21 年 8 月 修正プログラム7237 * バッチ複製バグ

その他

日付 名前 修正点
31 年 8 月 修正プログラム7394 修正 SLING-4635-トポロジが不明確/利用できない場合は、トポロジ関連ジョブはスケジュールしないでください
2014年8月8日 FeaturePack4137

AEM 6.0 OAK の S3データストアコネクタ。

バージョン1.8は2015年7月10日以来、利用可能。

2015年2月17日 修正プログラム5916 修正 SLING-4307- TarMK オンラインコンパクションが有効になっている場合は、JCR プロパティ値のキャッシュを避ける必要があります。修正プログラム5918による

Sites

オーサリング/ユーザインターフェース

タッチユーザーインターフェイスの改善パックは、SP2に含まれています。

Adobe Experience Manager 6.0 ユーザーインターフェイスについてのレコメンデーションとベストプラクティスをよく読んでください。http://docs.adobe.com/docs/en/aem/6-0/deploy/best-practices/ui-recommendations.html.

上記アップデートパックのリリースノート、ならびに Service Pack のタッチ操作用の修正は、タッチ操作用ユーザーインターフェイス改善のセクション中にあります。

MSM

SP2 上であれば推奨ホットフィックスなしご覧いただけます。

開発

日付 名前 パッケージの説明
2015 年 6 月 22 日 ホットフィックス 6431* Sightly FP 1.1 - AEM 6.0の AEM 6.1 Sightly スクリプトエンジン

アセット

ダイナミックメディア

日付 名前 修正点
2015 年 6 月 4 日 AEM 6.0 ダイナミックメディアフィーチャーパック
AEM 6.0 ダイナミックメディアを購入したお客様にレスポンシブなデザインやビデオのワークフローをサポートするセキュリティと安定度、主要バグの修正および機能強化。システム必要要件: AEM 6.0および Service Pack 2

コミュニティ

日付 名前 修正点
2014 年 11 月 6 日 AEM 6.0ソーシャルコミュニティ Fix Pack *
v1.5.167
この修正パックには、AEM Social Communities の 6.0 リリースに対する修正プログラムの最新のセットが含まれています。このリリースに関する詳細については、6.0 ドキュメントを参照してください。

Forms

アダプティブフォーム

日付 名前 修正点
2015 年 9 月 3 日 ホットフィックス 2.0.46
  • ドロップダウンリストのデータは、新しい 2 行を追加するときに並べ替えられます。(参照 # CQ-52098)
  • 反復可能なパネルに結合されたデータは、初期化スクリプトでは使用できません。(参照 # CQ-52054)
  • 繰り返し可能パネルまたは行のインスタンスの追加または削除のスクリプト実行が最適化されました。(参照 # CQ-52057)
  • 分析が有効になっていない場合でも、アダプティブフォームレンダリングにおける guideContainer.analyticsconfigparser.json への投稿の呼び出しは最適化されています。(参照 # CQ-51164)
  • データが入力されていない場合でも、アダプティブフォームのレンダリング上の guideContainer.fd.tempstorageprovider.jsp への投稿の呼び出しは最適化されています。(参照 # CQ-51169)
2015 年 7 月 24 日
ホットフィックス 2.0.32

HTML5 フォーム

  • 特定文書のページはレンダリングされません。(参照 # CQ-49461)
  • prevText」および「newText」プロパティが正常に機能しません。(参照 # CQ-49382)

アダブティブフォーム

  • 複数値のカスタムダイアログコンポーネントのローカリゼーションは機能しません。(参照 # CQ-47890)
  • アダプティブフォームグループからのドロップダウンリストコンポーネントは、プレビューモードでは入力されません。(参照 # CQ-46318)
2015 年 3 月 13 日
ホットフィックス 2.0.18
  • 辞書エントリは、カスタムダイアログエレメント用に作成されません。(参照 # LC-3913647)
  • 検証エラーメッセージは、ユーザーが追加した言語に対して翻訳されません(参照 # LC-3913524)
  • アダプティブフォームが Internet Explorer 9 ブラウザーでレンダリングされる際、guidelib.js に関連する
    JavaScript エラーが発生します。エラーが原因で
    レンダリング/ディスプレイの問題が発生します。(参照 # LC-3913538)
2015 年 6 月 3 日 ホットフィックス 2.0.20
  • Internet Explorer 9 では、アコーディオンレイアウトが正しく動作しません。(参照 # LC-3912099)
  • 数値フィールドが0を値として認識しません(参照 # LC-3912103、LC-3912460)
  • アダプティブフォーム(参照 # LC-3912864)に一覧表示されるコンポーネントとレイアウトに AEM オーバーレイが正しく機能していません。
  • アダプティブフォームは、ドロップダウンコンポーネントの変更イベントに対応していません。(参照 # LC-3912785)
  • アダプティブフォームでは、テキスト/数値/日付/ドロップダウンリストフィールドにおいて「prevText」および「newText」プロパティが無視されます。(参照 # LC-3912457)
2015 年 6 月 17 日 ホットフィックス 2.0.28
  • 辞書エントリは、カスタムダイアログエレメント用に作成されません。(参照 # LC-3913647)
  • 検証エラーメッセージは、ユーザーが追加した言語に対して翻訳されません(参照 # LC-3913524)
  • アダプティブフォームが Internet Explorer 9 ブラウザーでレンダリングされる際、guidelib.js に関連する
    JavaScript エラーが発生します。エラーが原因で
    レンダリング/ディスプレイの問題が発生します。(参照 # LC-3913538)

Assembler

日付 名前 修正点
2015 年 27 月 5 日 ホットフィックス 1005-001
  • アセンブラーサービスの
    XML エンコーディングを指定するために、LiveCycle 管理コンソールに新しいオプションが追加されました。(参照 # LC-3910022)

コア

日付 名前 修正点
2015 年 2 月 5 日 ホットフィックス 1006-002
  • CRX のアセットをエンドポイントに添付ファイルとして追加すると、CRX ノードは通常よりも時間がかかります。(参照 # LC-3911835)
2015 年 5 月 25 日 ホットフィックス 1010-005
  • 管理者 UI のカテゴリを削除できません。(参照 # LC-3912139)
  • HTML5 フォームの設定機能が AEM 6.0 フォーム FP1 において有効になりました。(参照 # LC-3909935)
  • モバイルワークスペースアプリからでは、キャッシュがオフになっている invokestartpoint API への呼び出しはできません。(参照 # LC-3911926)
  • ターゲットのサービスがソースサーバーにインストールされていない場合、
    別の LiveCycle サーバーを起動するなど
    、クライアント SDK が拡張され、LiveCycle サーバーで使用が許可されるようになりました。

HTML5 フォーム

日付 名前 修正点
2015 年 7 月 24 日
ホットフィックス 2.0.32

HTML5 フォーム

  • 特定文書のページはレンダリングされません。(参照 # CQ-49461)
  • prevText」および「newText」プロパティが正常に機能しません。(参照 # CQ-49382)

アダブティブフォーム

  • 複数値のカスタムダイアログコンポーネントのローカリゼーションは機能しません。(参照 # CQ-47890)
  • アダプティブフォームグループからのドロップダウンリストコンポーネントは、プレビューモードでは入力されません。(参照 # CQ-46318)
2015 年 2 月 2 日 ホットフィックス 2.0.14
  • 反復可能のサブフォームに配置した場合、一部のフローティングフィールドが表示されません。(参照 # LC-9868)
  • ネストされた繰り返し可能なサブフォームが複数のページにわたり分割されている場合、一部のページはレンダリングされません。(参照 # LC-9878)
2015 年 6 月 2 日 ホットフィックス 2.0.22
  • RemoveInstance メソッドが、フォーム送信上の関連データを削除しません。(参照 # LC-3910543)
  • Exit イベントは、テキストフィールドまたはドロップダウンリストの最初の終了時に呼び出されません。(参照 # LC-10153、LC-10152)
  • オブジェクトのボーダープロパティは、異なるイベントにおいて一貫性がない動作をしています。(参照 # LC-3910380)
  • 複数の子サブフォームを持つ親サブフォームに適用すると、AddInstance メソッドが正しく動作しません。(参照 # LC-3910098)

著作権管理

日付 名前 修正点
2015 年 5 月 7 日 ホットフィックス 1009-001

Rights Management Policy Manager では、次の API が導入されています。

  • getPolicySet()
  • createPolicySet()
  • updatePolicySet()
  • getPolicySetIdByPolicySetName()
  • deletePolicySets()
  • managePolicySetPublishers()
  • managePolicySetVisibleUsersGroups()
  • managePolicySetCoordinators()
  • updateCoordinatorPermission()
2015 年 5 月 29 日 ホットフィックス 1011-002
  • SDK の JAR ファイルを含むカスタムコンポーネントが別の AEM フォーム Rights Management サーバーと通信するとき、AEM フォームのサーバーにエラーが表示されます。
    (参照 # LC-3913205)
  • 内部サーバーエラーは、ユーザーの日付検証期間のポリシーを有効または更新するとスローされます。(LC-3913076)

旧式のホットフィックス

この最後のセクションにあるホットフィックスは過去に存在していましたが、このページにリストされた最新のパッケージに置き換えられました。

名前 修正の説明 置き替え/含まれる
ホットフィックス 5918 * AEM SP2のパフォーマンスと安定性の修正。 HF 6167
ホットフィックス 6109 * ラウンドロビンキューを、オーダーキューとして処理。
HF 6167

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー