サービスパック

Adobe Experience Manager 6.1 Service Pack 1 は Adobe Package Share で利用できます。また、https://docs.adobe.com/docs/en/aem/6-1/release-notes-sp1.html にリリースノートがあります。

セキュリティ、パフォーマンス、安定性、お客様向けの主要な修正に加え、Adobe Experience Manager 6.1 の一般リリース(GA)以降にリリースされた機能拡張が含まれるので、最新の Service Pack 3 のインストールを強くお勧めします。 

以下のホットフィックスは、Service Pack 1 に加えてインストールする必要があります。太字のものは、強くお勧めするものです。古いコンテンツ(Service Pack 1 のリリース前のすべての推奨ホットフィックス)は、ここで見つけることができます。

 

注意:

AEM ホットフィックスは、サービスパックや製品リリースと同じレベルの品質保証を受けられません。そのため、常に、品質展開プロセスの一環として最初にステージング環境で検証する必要があります。

 

AEM 製品(AEM プラットフォーム)のコアホットフィックス

セキュリティの脆弱性

お客様を保護するために、アドビではいかなる脆弱性の詳細も開示しません。 

日付 名前 説明 解決された問題 置き換え
2016 年 2 月 4日 ホットフィックス 9130 XSS の脆弱性 CQ-70200:アンカーリンクに余分なアンダースコアが追加されていた
2016 年 2 月 24 日 ホットフィックス 9381 コンテンツ配置フィルターの保護をアンカーに拡張 GRANITE-9550:コンテンツ配置フィルターの保護をアンカーに拡張

Oak

現在推奨される Oak バージョンは、1.2.16 です。

日付 名前 修正点
2016 年 7 月 13 日 ホットフィックス 10832 リリースノートを参照

ダウンロード

インデックス

日付 名前 解決された問題
2016 年 7 月 12 日 ホットフィックス 11074 PDF インデックス作成ハング

ワークフロー

日付 名前 説明 解決された問題 置き換え
2016 年 2 月 19日 ホットフィックス 9438 電子メール通知のリンクが URL エンコードされていないことに対する XSS の脆弱性のホットフィックス CQ-73491:電子メール通知のリンクが URL エンコードされていない
 

Dispatcher

最新の Dispatcher バージョンを使用することをお勧めします。最新の Dispatcher は、ここで見つけることができます。

https://www.adobeaemcloud.com/content/companies/public/adobe/dispatcher/dispatcher.html

その他

日付 名前 説明 解決された問題 置き換え
2016 年 1 月 28 日 ホットフィックス 9103 FileDataStore を使用すると AEM 6.1 でパッケージのインストールに失敗する GRANITE-10947:FileDataStore を使用すると AEM 6.1 でパッケージのインストールに失敗する
2016 年 1 月 29 日 ホットフィックス 9087 クラスタリング:非プライマリサーバーを再起動するとプライマリサーバーでインデックスの再作成がトリガーされていた SLING-5030:分離モードを(より大きな)TOPOLOGY_CHANGING フェーズに置き換える
2016 年 2 月 18日 ホットフィックス 9336 JCR インストーラーがパッケージのインストールによって一時停止され、再開されない GRANITE-10726:JCR インストーラーがパッケージのインストールによって一時停止され、再開されない
2016 年 1 月 26 日 ホットフィックス 9066 GRANITE-10700/CQ-65390 の AEM 6.1 - javax.inject の競合へのバックポート

GRANITE-10700:org.apache.sling.scripting.java の最新バージョンへのアップグレード

CQ-65390:Sling モデルの API 1.2.2 へのアップグレード

2016 年 1 月日 ホットフィックス 8893 GRANITE-8510 [i18n] json dictionaries に切り替えると、xliff の読み込み/書き出しが壊れる GRANITE-8510:[i18n] json dictionaries に切り替えると、xliff の読み込み/書き出しが壊れる

注意:

 

  • ここで説明するように、登録済みのユーザーはパッケージ共有にアクセスできます。
  • AEM サポートチケットを使用して非公開ホットフィックスをリクエストします。
  • 特に指定のない限り、ほとんどのホットフィックスはスタンドアロンで、順不同でインストールできます。パッケージ共有の「詳細」タブの依存要素を調べることで、自己検証できます。 
  • 現在のところ、公開ホットフィックスのリリースノートは、AEM サポートポータルを使用してリクエスト単位でのみ利用可能です。

注意:

 

  • カスタムの AEM プロジェクトテンプレートを使用している場合は、プロジェクトの修正を含むホットフィックス/Service Pack をインストールした後に、cq:allowedTemplates の値を確認してください。
    • これをおこなうには、/content/projects/jcr:content に移動し、各テンプレートを追加/確認してプロパティ cq:allowedTemplates の値を編集します。

製品ごとのホットフィックス

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー