Adobe Experience Manager 6.1 アセットのホットフィックス

推奨事項

以下のホットフィックスはサービスパック 1 に加えてインストールする必要があります。推奨されるホットフィックスは https://helpx.adobe.com/experience-manager/kb/aem61-available-hotfixes.html に記載されています。

太字で記されたホットフィックスを強く推奨します。

注意:

AEM ホットフィックスは、サービスパックや製品リリースと同じレベルの品質保証を受けられません。そのため、常に品質デプロイメントプロセスの一環として最初にステージング環境で検証する必要があります。

 

アセット

すべての推奨ホットフィックスをコアセクションにインストールしてください。  

日付

名前

説明

解決された問題

置き換え

2016 年 2 月 26 日

ホットフィックス 9320

XSS vulnerability 6.1 では、メタデータノードとプロパティの階層構造が統合し、元のメタデータの不適切な XMP が表現されます。

CQ-70871:6.1 では、メタデータノードとプロパティの階層構造が統合され、元のメタデータの不適切な XMP が表現されます。

 

2016 年 2 月 23 日

ホットフィックス 8928

あるユーザーの変更権限がオン、削除権限がオフになっている場合、タッチ操作対応 UI の DAM アセットに「編集」ボタンが表示されません。

CQ-66499:あるユーザーの変更権限がオン、削除権限がオフになっている場合、タッチ操作対応 UI の DAM アセットに「編集」ボタンが表示されません。CQ-69085:タッチ操作向け UI アセット詳細ページにおいてカード表示とリスト表示において「ダウンロード」ボタンが表示されません。CQ-70179:pptx をアップロード後の過剰なディスク領域 CQ-71789:CreateAssetServlet の NPE - ファイルサイズ >chunkUploadMinFileSize の重複検出されたメッセージの代わりに表示されるメッセージ

9278

9290

9113

注意:

 

  • ここに記載されているように、登録されたユーザーとパッケージ共有にアクセスできます。
  • AEM サポートチケットを介して他のホットフィックスを要求します。
  • ほとんどのホットフィックスは、指定された場合を除きスタンドアロンなので、任意の順序でインストールできます。パッケージ共有の「詳細」タブの依存要素を調べることで、自己検証できます。  
  • 現時点では、公開ホットフィックスのリリースノートは、AEM サポートポータルを通じてのリクエストにのみ提供されています。それらはパッケージ共有に直接含まれるようになります。
アドビのロゴ

アカウントにログイン