Oak 1.4.10 をインストールした後、LDAP 同期は機能しなくなりました | AEM 6.2、Oak

問題点

AEM で LDAP 統合を使用している場合、Oak 1.4.10 または 1.4.11 を適用した後の LDAP ユーザーとグループの同期は機能しなくなりました。ユーザーは AEM にログインできますが、ログインしたとき同期されたすべてのプロパティがプロファイルから削除されます。

環境

AEM 6.2

原因

これは、OAK-4344 のリグレッションバグです。

解決策

問題を修正するには、次の操作を行います。

  1. http://host:port/system/console/configMgr に移動し、管理者としてログインします。

  2. LdapIdentityProvider を検索します。

  3. 設定項目の右にある「編集」(鉛筆アイコン)をクリックします。

  4. 設定ダイアログの下部に、「カスタム属性」が表示されます。.

  5. このフィールドに、(+ ボタンを使用して)同期されているすべての LDAP 属性をユーザーおよびグループに追加します。例えば、これらのプロパティは、cn、sn、givenName、mail である可能性があります。

  6. 保存」をクリックします。

注意:

使用している LDAP プロパティがわからない場合は、デフォルトの同期ハンドラー設定を参照できます。http://host:port/system/console/configMgr UI で DefaultSyncHandler を検索します。ユーザープロパティマッピングおよびグループプロパティマッピングの各エントリで = の後に、同期された属性が一覧表示されます。引用符(")で囲まれていない属性のみが LDAP 属性です。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー