Adobe Experience Manager 5.6.1 Service Pack 2 は、2015 年 6 月 16 日、火曜日にリリースされました

パッケージ共有上の最新の Service Pack(SP2)へのダイレクトリンクは、次のとおりです
https://www.adobeaemcloud.com/content/marketplace/marketplaceProxy.html?packagePath=/content/companies/public/adobe/packages/cq561/servicepack/AEM-561-Service-Pack-2


http://docs.adobe.com/content/docs/en/cq/5-6-1/release_notes_service_pack_2.html でリリースノートを検索します。

これには、サービスパックの概要、インストール手順、および置き換えるホットフィックスのリストが含まれています。

Service Pack 2 は 5.6.1 で以前にリリースされたすべてのホットフィックスが含まれていることを確認することができます。

したがって、このページは SP2 上にインストールする現時点での推奨ホットフィックスを先頭に、製品モジュールを従来どおりソート順にしてでのみ一覧表示されます。

Service Pack 2 のリリース前のすべての推奨ホットフィックスである古い内容は、ここで確認できます。

コア

セキュリティの脆弱性

日付 名前 説明
2015 年 12 月 15 日 ホットフィックス 8364 Java デシリアライゼーション問題軽減エージェント

一般

レプリケーション

LDAP 統合

セキュリティに関する問題の誤り

ワークフロー

Dispatcher

ディスパッチャーで利用できる最新バージョンを使用することをお勧めします。

https://www.adobeaemcloud.com/content/companies/public/adobe/dispatcher/dispatcher.html で、ダウンロードできるバージョン 4.1.11 を検索してください。

タグ付け

Sites

公開 FeaturePack 3717 AEM 5.6.1 オーサリングと IE11 の互換性を提供します

一般

MSM

キャンペーン-ターゲティング

フォームコンポーネント

その他の機能

アセット

一般

Scene7 の統合

Experience Cloud 統合

AEM と Experience Cloud の他のソリューションを統合しているお客様は以下のホットフィックスをインストールする必要があります。

Adobe Target

SiteCatalyst

Audience Manager

e コマース

次のホットフィックスは、AEM e コマースモジュールのユーザーに固有です。

したがって、CQ-COMMERCE-HYBRIS-UPDATE-CONTENT v5.6.200 の上にインストールされる必要があります。

このパッケージと次のホットフィックスは、AEM のデフォルトインストールにモジュールが統合されていないため、サポートポータルチケットを介してリクエストする必要があります。

ホットフィックス 3985 Hybris 統合 1 上の様々な修正
ホットフィックス 5174 Hybris 統合 2 上の様々な修正

コミュニティ

その他のモジュール

以下のホットフィックスは、小さなモジュールに固有の問題を解決します。ホットフィックスのインストールを考慮する前に、モジュール(説明の太字部分)の実際のユーザーであるかを確認してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー