使っているオペレーティングシステムは、XMP の書き戻しをサポートしていません

Adobe Experience Manager (CQ) 5.5 以降の場合、アセットのメタデータが変更されると、XMP メタデータの一部として元のバイナリに書き戻されます。書き戻しはデフォルトで有効になっていますが、必ずしもすべてのオペレーティングシステムでサポートされているわけではありません。そのようなオペレーティングシステムでは、DAM ワークフローに障害が発生しないように、書き戻しを無効にすることをお勧めします。

ここをチェックして、ご使用のオペレーティングシステムがサポートされているかどうかを確認します。

解決策

  • サポートされている形式の「+」記号をクリックして、[1] でそれを空白のままにします (あらゆる mimetype を入力しないでください)
  • 以前に追加したものを除き、[1] での書き戻しに設定されたすべての MIME タイプを削除します。 
  • 設定を更新したら、システムを再起動して変更を有効にします。

または

添付されているパッケージをインストールし、インスタンスを再起動します。

ダウンロード

[1] http://<host>:<port>/system/console/configMgr/com.day.cq.dam.core.impl.handler.xmp.NCommXMPHandler

注意:

「ワークフローコンソール」から「ランチャー」設定を削除して、DAM XMP 書き戻しを無効にしないでください。そうすることにより、サムネールの生成などの他の機能が無効になります。

64 ビット Linux ユーザーへの注意:

AEM メタデータの書き戻しワークフローでは、OS シェルで AEM を起動する 32 ビットのネイティブの実行可能アプリケーションである XMPWorker Linux フラグメントを使用します。 

64 ビットの Linux を使用している場合、次に 32 ビットのライブラリを実行するために動的な実行時をインストールしないことが可能です。この他の記事は、Redhat Enterprise Linux または CentOS に必要な 32 ビットのライブラリをインストールする手順を提供します。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー