/cache セクションは、Dispatcher によるドキュメントのキャッシュ方法を制御します。キャッシュ戦略を実行するための設定をします。

環境

Dispatcher 4.1.11 以降

手順

レスポンスヘッダーのキャッシングは、/cache 設定の中の /headers を新しく設定することで有効になります。配布パッケージ内のサンプル dispatcher.any には、コメント付きのサンプルが含まれています。

   # Cache response headers next to a cached file. On the first request to
      # an uncached resource, all headers matching one of the values found here
      # are stored in a separate file, next to the cache file. On subsequent
      # requests to the cached resource, the stored headers are added to the
      # response.
      #
      # Note, that file globbing characters are not allowed here.
      #
      #/headers
      #  {
      #  "Cache-Control"
      #  "Content-Disposition"
      #  "Content-Type"
      #  "Expires"
      #  "Last-Modified"
      #  "X-Content-Type-Options"
      #  }

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー