64 ビット Red Hat Linux の XMP 抽出と書き戻しを有効にする手順

問題点

AEM アセットの画像のメタデータを変更した後、XMP メタデータは画像に書き戻されません。

AEM(CQ)5.5 以降では、アセットのメタデータの変更が XMP データの一部として元のバイナリに書き戻されます。このプロセスは、AEM メタデータ書き戻しワークフローで処理されます。ワークフローは、AEM が OS のシェルで実行する 32 ビットネイティブ実行可能アプリケーションである XMPWorker Linux フラグメントを使用します。

このアプリケーションは、レンディションから既存の XMP メタデータを最適に抽出するためにも使用されます。64 ビット Linux で書き戻しが失敗する(サーバー error.log ファイルに警告メッセージを返す)場合は、64 ビット Linux で 32 ビットの実行可能ファイルを実行する 32 ビット動的ランタイム環境が OS にインストールされていない可能性があります。

解決策

問題を解決するには、Redhat Enterprise Linux または CentOS 用の 32 ビットライブラリをインストールすることができます。

また、AEM 6.1 以前を実行している場合は、Redhat Enterprise Linux または CentOS 用の 64 ビット XMP 抽出バイナリを含む JAR ファイルをインストールすることができます。

注意:

メタデータのみを抽出する場合でも、手順をスキップすると、PSD などのファイルタイプのメタデータ抽出中に AEM インスタンスのパフォーマンスが低下することがあります。

最適なパフォーマンスを得るために、環境を XMPWorker 用に正しく設定することをお勧めします。

32 ビットライブラリ(AEM 6.0 以前)のインストール

AEM 6.0 以前のバージョンを実行している場合、AEM インスタンスに 64 ビットのバイナリが含まれる JAR ファイルをインストールするには、次の手順を実行します。

  1. 64 ビット Linux システムで実行している AEM インスタンスからフラグメントバンドル com.adobe.xmp.worker.files.native.fragment.linux をアンインストールします。

  2. jarfiles.native.fragment-1.0.4-linux64.jar)をダウンロードし、Apache Felix Web Console http://:/system/console/bundles にインストールします。

  3. AEM を再起動します。

  4. Web コンソールに戻り、バンドル com.adobe.xmp.worker.files.native.fragment.linux がアクティブであることを確認します。

32 ビット動的ランタイム環境(AEM バージョン 6.0 以降)のインストール

AEM バージョン 6.0 以降で、64 ビット Linux 用の 32 ビット動的ランタイム環境をインストールするには、次の手順を実行します。

  1. サーバーのターミナルからコマンドを実行して、32 ビットランタイムライブラリをインストールします(glibc は既にインストールされていますが、セキュリティで保護されているため、2 番目のコマンドが含まれます)。例えば、RHEL の場合は、次のコマンドを実行します。

    • yum install ld-linux.so.2
    • yum install glibc.i686
    • yum install libuuid.i686

    注意:

    libuuid ライブラリのインストールに関する問題を回避するには、yum インストール libuuid.i686 コマンドを実行する前に、yum アップグレードコマンドを実行します。他のオペレーティングシステムでは、同等のアップグレード/インストールコマンドを実行して 32 ビットライブラリを取得します。

  2. AEM を再起動します。

  3. 設定が正しいかどうかを確認するには、バイナリ XMPFilesWorkercrx-quickstart フォルダーで見つけ、コマンドを実行します。

    # ldd path/to/XMPFilesWorker

    出力に依存関係の「見つかりません」エントリがないことを確認します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー