目的

serverconf.xml、instance-config.xml、および logins.log などの重要ファイルの内容を、tech-ops に頼ることなく確認することができますか。

リアルタイムのトラブルシューティングのヘルプと設定の確認。

環境

すべてのキャンペーン V6 環境。

手順

  1. 開始、JavaScript、終了アクティビティを使用してワークフローを作成します。

  2. JavaScript のアクティビティを開き、次のコードを入力します。ワークフローの実行で、コンテンツが audit tab のログファイルにプリントされます。.

    //collect contents of the config file
    var f = new File( "/usr/local/neolane/nl6/conf/config-" + Application.instanceName + ".xml" );
    var arr = [];
    f.open()
    for each(var line in f)
    {
      arr.push( line );
    }
    
    for ( var i = arr.length - 1; i >= 0; i-- )
      logInfo(arr[i]);
      
    f.close()
    

    ここでは、インスタンスの設定ファイルがインスタンス名で異なるため、Application.instanceName という変数を使用しています。

    同じコードを使用して logins.log ファイルの場所を取得するために変更をすることもできます。しかしながら、これにより wfserver モジュールを実行しているサーバーで行われたログイン情報のみが提供されます。

    //collect contents of the logins.log file
    var f = new File( "/usr/local/neolane/nl6/var/"Application.instanceName"/logins.log );

    同様に、serverconf.xml ファイルの場合、インスタンス名に依存しないため、これを書き込むだけで済みます。

    //collect contents of the server config file
    var f = new File( "/usr/local/neolane/nl6/conf/serverConf.xml" );

    これにが、JavaScript のアクティビティの外観です:

    java_script

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー