AEM で完全なインデックスの再作成を完了する方法

環境

AEM6.1、6.2、6.3、6.4

AEM で完全なインデックスの再作成を完了する方法

 

AEM で完全なインデックスの再作成を完了するには、oak-run ツールを checkpoints 引数で利用する必要があります。  「checkpoints」モードを使用して、リポジトリチェックポイントをリスト表示または削除できます。

このモードを開始するには、次の操作を行います。

$ java -jar oak-run-*.jar checkpoints { /path/to/oak/repository | mongodb://host:port/database } [list|rm-all|rm-unreferenced|rm <checkpoint>]

モードの詳細:

list」- 何も指定されていない場合はデフォルトとして設定され、既存のチェックポイントをすべてリスト表示します。

rm-all」-「checkpoints」ノードをワイプクリーンします

「rm-unreferenced」- 非同期インデクサー(/:async@async)から参照されているもの以外のすべてのチェックポイントを削除します。

「rm」- リポジトリから特定のチェックポイントを削除します。

注意:アドビカスタマーケアによって推奨されているときに SegmentNotFoundException が発生した場合は、このプロセスに従う必要があります。

:

java -Dtar.memoryMapped=true -Xms8g -Xmx8g -jar $oakrun checkpoints $aemfolder/repository/segmentstore rm-all

一部の場合、アドビカスタマーケアは、オフライン圧縮と一緒に rm-all のチェックポイントをお勧めする場合があります。

ダウンロード

チケットの登録時に提供する情報

サポートポータルでサポートチケットを生成した場合、次の KB 記事のガイドラインに従い、問題を可能な限り識別します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー