環境

AEM6.1、6.2、6.3、6.4

AEM カスタマーケアを利用する前に AEM カスタムコードの問題を認定する方法

カスタムコードやサードパーティ製ツールに関する AEM の問題を扱う場合は、特定の情報を収集する必要があります。  これにより、AEM カスタマーケアは問題を迅速に処理して理解することができるため、解決時間が短縮されます。  

1.OOTB インスタンスでテストする
使用事例に応じて、Geometrixx または we.Retail ページを介して Out of the Box(OOTB)インスタンスでテストします。  

例:使用事例に OOTB ページのコンポーネントの動作を伴う単一コンポーネントテストが含まれる場合。  

問題が OOTB ページで見られる場合は、スクリーンキャプチャまたは使用事例のビデオとともにコンポーネントパッケージを添付します。  

2.簡略化されたシナリオを再作成する
元の問題が発生したとき、それはより大きなテストケースの一部として起こる可能性があります。  問題を最小限の手順で再現するために必要なテストを簡略化します。

3.コードベース
問題を#1-2 のように簡単に再現できない場合は、使用事例を再現するために必要な小さなコードベースを、詳細な手順を加えたスクリーンキャプチャやビデオ録画と共に提供できます

注意: カスタムコードのデバッグは、AEM カスタマーケアのサポート範囲外です。  これには、AEM と統合するためにアドビによって正式にサポートされていないサードパーティソフトウェアとの統合も含まれます。このような場合に対するサポートはすべてベストエフォートベースです。

アドビカスタマーサービスにお問い合わせください。

チケットの登録時に提供する情報

サポートポータルでサポートチケットを生成した場合、次の KB 記事のガイドラインに従い、問題を可能な限り識別します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー