目的

ダウンタイムを発生させずに同期 Oak インデックスを正しく再作成するにはどうすればいいですか?

手順

同期インデックスを true に設定すると、reindex プロパティを true に設定するだけで同期操作が実行され、インスタンスがハングする可能性があります。この状況を回避するには、インデックスをバックグラウンドスレッドに送信します。これを行うには、次の手順に従います。

  1. バックグラウンドスレッド内の Reindex

    1. プロパティインデックスにおいて、インデックス定義の CRXDE Lite から次のプロパティを設定し、非同期のインデックス作成を可能にします。/oak:index/<property index>
      reindex=true

      reindex-async=true

    2. 上記の更新を検証するには、async =" async-reindex" を設定する必要があります。

    3. PropertyIndexAsyncReindex MBean で startPropertyIndexAsyncReindex を呼び出します。これにより、そのような形式のインデックスを検索するバックグラウンドジョブが開始されます。起動を送信すると「再インデックスが開始されます」というログメッセージが表示されます。

    4. 再インデックスが完了すると、reindex フラグが false にリセットされます。

    5. 同期インデックスにインデックスを変更し直すには、手順 3 を再起動します。非同期フラグが削除されていない場合は、Mbean を数回起動必要がある場合があります。(同時にこのインデックスに変更が反映されている場合、Mbean が数回起動される場合があります)。

    注意:インデックス作成スレッドの制御が起こると、async="async-reindex"」のみが削除されます。「reindex-async」プロパティは、自動的に変更されない設定フラグにすぎません。それは、今後全ての再インデックスを制御する特定のインデックス定義に対し、1 回だけ設定するというものです。そうすれば、その設定が引き継がれ、設定に再度触れることはないというものです。

  2. 再インデックスのチェックポイントを削除します(AEM 6.2およびそれ以前のバージョン)

    非同期のインデックス再作成中に、リポジトリチェックポイントが作成されます。インデックス作成タスクが完了すると、今後にスムーズなリビジョンガベージコレクション確保するため、以下に記載されているようにリリースされる必要があります。

    1. 「listCheckpoints()」操作を起動します。

    2. 「name=async-reindex」プロパティを使用してチェックポイントの行を検索します。

    3. クリップボードに ID の値をコピーします。
      MongoMK には、r1234567aaaa-0-1
      と同様の ID を、TarMK には、6eac07d0-fe27-4d16-82f8-6d5da4cefd67 と同様の ID をコピーします。

    4. 次に、「releaseCheckpoint ()」操作を開きます。

    5. p1としてコピーした ID をペーストし、「起動する」をクリックします。

    6. この手順はチェックポイントをリリースします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー