AEM でコールドスタンバイインスタンスを設定する方法

環境

AEM 6.0, 6.1, 6.2, 6.3 とそれ以降のバージョン

プライマリーインスタンスを設定します。

  1. Cold Standby の設定について、プライマリーインスタンスのディレクトリを設定します。
  2. プライマリインスタンスのディレクトリで、java -jar quickstart.jar -unpack のコマンドを使いながら AEM をアンパックします。
  3. /crx-quickstart. の下にある install フォルダーを作成します。
  4. install フォルダーにある添付されている install.zip アーカイブファイルを設定します。
  5. コマンド java -jar quickstart.jar -r primary,crx3,crx3tar でプライマリインスタンスを開始します。
  6. インスタンスが起動して実行されるまで待機します。
  7. http://host:port/system/console/slinglog で Web コンソールに移動して、クラスのためにデバッグロガーを作成します。
    1. org.apache.jackrabbit.oak.plugins.segment (AEM 6.0-AEM 6.2) または
    2. org.apache.jackrabbit.oak.segment(AEM 6.3 以上)
    3. ロガー tarmk-coldstandby.log を名付けます。
  8. http://host:port/system/console/configMgr で Web コンソールに移動し、Apache Jackrabbit Oak TarMK Cold Standby サービスを検索します。そして、モードと他の設定が正しく、プライマリインスタンスに基づいているか観察します。
  9. 適切なプライマリー runmode が表示されていることを確認するために、http://host:port/system/console/status-slingsettings に移動します。

スタンバイインスタンスを設定します。

  1. コールドスタンバイセットアップのスタンバイインスタンス用のディレクトリを設定します。
  2. /crx-quickstart ディレクトリをプライマリインスタンスからスタンドバイディレクトリにコピーしてください。?
    • 注意: /install フォルダーに加えて他の設定に、これが既に含まれている必要があります。
  3. /crx-quickstart ディレクトリの中に sling.id を検索して、削除します。
  4. java -jar quickstart.jar -r standby,crx3,crx3tar でスタンドバイインスタンスを開始し、インスタンスが起動するのを待ってください。
  5. http://host:port/system/console/configMgr に移動し、モードを監視するために Apache Jackrabbit Oak TarMK Cold Standby サービスを検索します。
    • 注意:上記の設定でもモードがプライマリとして表示される場合は、これをスタンバイに変更し、構成を保存して AEM を再起動します。  インスタンスがプライマリからコピーされたので、これはセットアップ時に一時必要となるアクションです。  
  6. http://host:port/system/console/status-slingsettings に移動して正しいスタンバイ runmode が表示されていることを確認します。
  7. プライマリおよびスタンバイインスタンス間の通信の詳細を確認するには、error.log および tarmk-coldstandby.log を語尾につけます

スタンバイインスタンスの検証

次のようにスタンバイ設定をテストします。

  1. プライマリインスタンスで http://host:port/assets.html/content/dam に移動して画像をアップロードします
  2. 数分待ってから、スタンバイインスタンスで同じパスを確認します。
  3. 画像が同期している場合、コールドスタンバイ設定は期待どおりに機能します。

問題が発生した場合は、次の手順でスタンバイインスタンスを確認します。

  1. 実行モードを「プライマリ」にして、プライマリインスタンスを開始していることを確認します。
  2. tarmk-standby.log
    をモニターして以下のようなメッセージが表示されることを確認します:
    *INFO* [FelixStartLevel] org.apache.jackrabbit.oak.plugins.segment.standby.store.StandbyStoreService が許容 IP 範囲 [0.0.0.0-255.255.255.255] でポート 8023 のプライマリで開始しました。

    または

    *INFO* [FelixStartLevel] org.apache.jackrabbit.oak.plugins.segment.standby.store.StandbyStoreService が許容 IP 範囲 [] でポート 8023 のプライマリで開始しました。
  3. プライマリインスタンス上で、http://host:port/system/console/jmx/ に移動し、「Standby」を検索します
    次が表示されます。
        Mode: primary
    Status: running
    Running: true
  4. 「スタンバイ」実行モードでスタンバイインスタンスを開始することを確認します
  5. tarmk-standby.log を監視し、以下に類似のメッセージが表示されることを確認します:
    (IP アドレスは、install.standby\ org.apache.jackrabbit.oak.plugins.segment.standby.store.StandbyStoreService.config で設定したものと同様になります)
    *INFO* [FelixStartLevel] org.apache.jackrabbit.oak.plugins.segment.standby.store.StandbyStoreService started standby sync with 127.0.0.1:8023 at 5 sec.
    *INFO* [CM Event Dispatcher (Fire ConfigurationEvent: pid=org.apache.jackrabbit.oak.plugins.segment.standby.store.StandbyStoreService)] org.apache.jackrabbit.oak.plugins.segment.standby.store.StandbyStoreService started standby sync with 127.0.0.1:8023 at 5 sec.
  6. スタンバイインスタンス上で、http://host:port/system/console/jmx/ に移動し、「Standby」を検索します
    次が表示されます。
          FailedRequests: 0
          SecondsSinceLastSuccess: 2
          Mode client: dd46f264-78ec-44f6-b3f6-ad339e13d1fa
          Status: running
          Running: true
  7. プライマリインスタンスに戻り、http://host:port/system/console/jmx/ に移動し、「Standby」を検索します。ここで 2 つのスタンバイレコードが表示されます。一方はプライマリ用に #3 で確認済み、もう一方はスタンバイ用に以下のようなプロパティが含まれます。
         TransferredBinariesBytes 0
    TransferredSegmentBytes 7229892
    TransferredBinaries 0
    TransferredSegments 247
    LastSeenTimestamp Wed Oct 05 13:38:01 EDT 2016
    RemotePort 50446
    RemoteAddress 127.0.0.1

スタンバイインスタンスのプライマリ作成

  1. スタンバイインスタンスのシャットダウン
  2. コマンド java -jar quickstart.jar -r primary,crx3,crx3tar を使用してインスタンスを開始します

チケットの登録時に提供する情報

サポートポータルでサポートチケットを生成した場合、次の KB 記事のガイドラインに従い、問題を可能な限り識別します。

さらに、インストールフォルダを ZIP 形式で、また、プライマリインスタンスおよびスタンドバイインスタンスからの tarmk-standby.log 含めます。

リファレンスドキュメント

ダウンロード

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー