目的

httpclient 3.x を使用して、AEM java プロセスがアウトバウンド接続を確立する機能をテストする方法

これは次のシナリオで役立ちます。

1. レプリケーションが接続タイムアウトに失敗

2. カスタムアプリケーションコードが、バックエンドシステムに接続できない

手順

  1. 添付のパッケージをダウンロード test-connection-1.1.zip

  2. http://host:port/crx/packmgr/index.jsp に移動し、管理者としてログインします

  3. パッケージをアップロードしてインストールします

  4. http://host:port/apps/tools/components/testconnection/run.html に移動します

  5. デフォルトでは、www.google.com へのアウトバウンド接続をテストし、HTTP 応答をページにダンプします

  6. http://host:port/crx/de/index.jsp#/apps/tools/components/testconnection/testconnection.jsp に移動します

  7. 編集用に /apps/tools/components/testconnection/testconnection.jsp を開きます

  8. 独自のテストの必要に応じてコードを変更します。  例えば、url 変数の値を変更することによって、別の URL に接続することができます。

コードの変更に関するヘルプについては、HttpClient ドキュメントを参照してください。

http://hc.apache.org/httpclient-3.x/

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー