AEM 6.3.3 でコンテンツフラグメントモデルを使用する

目的

AEM 6.3.3 でコンテンツフラグメントモデルを使用する方法

手順

1) コンテンツフラグメントモデルタイルがツール/アセットに表示されないという既知の問題があります。

以下の手順に従って、この問題を解決します。

  • http://<server>:<port>/crx/packmgr で CRX パッケージマネージャーにログオンします。
  • cq-dam-cfm-content-0.9.362.zip」パッケージを検索します。
  • 「再インストール」をクリックします。

2) DAM 構造化コンテンツフラグメントを有効にします。

  • ツール/操作/Web コンソール
  • 文字列「DAM 構造化コンテンツフラグメント」を検索します。
  • それを開き、「は有効です」がチェックされていることを確認し、「保存」をクリックします。

3) 前に参照した 6.3.3 ヘルプページ [1] の完全な方法「Configuration Manager でのコンテンツフラグメントモデルの有効化」。これにより、モデルを作成するための設定が作成されます。

4) グローバルを使用していない場合は、[1] から「アセットフォルダーへの設定の適用」の手順を手動で実行する必要があります。これの UI は AEM 6.3.3 にはないためです。

  • CRX/DE で、たとえば、/content/we-retail/jcr:content に CF 設定を適用したい DAM フォルダーの jcr:content を検索します。
  • このノードにプロパティを追加します。
    Name: cq:conf
    Type: string
    Value: /conf/my_cf_config <or name of your config>

5) ドキュメント [1] の「コンテンツフラグメントモデルの作成」の方法と、モデルの編集などに関する残りの情報に従ってください。

結果:これが完了したら、アセットフォルダー(例では、/content/we-retail)に移動して新しいコンテンツフラグメントを作成すると、ステージ 5 で定義した新しいモデル、または設定で定義した任意のモデルが表示されます。

[1] https://helpx.adobe.com/jp/experience-manager/6-3/assets/using/content-fragments-models.html

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー