CQ5 ワークフローと監査イベントの生成muchアーカイブ済みdata.このデータは、replications、DAM アップロード、その他のシステム活動により、時間の経過に応じて迅速に増加できます。

完了中止されたワークフローは定期的にクリーンアップしてください。

添付されたサンプルのパージサービスを使用すると、通常のスケジュールでこのデータのパージを実行できます。

  1. CQ5 パッケージマネージャーに添付のパッケージをインストールします。

  2. 日別(例えば、22H00-23H00)自動クリーンアップの時間範囲を定義してください。

必要に応じて、1 日以上実行されていることば分かればワークフローインスタンスが削除されるワークフローモデルのリストを定義できます。(通常、このリストはプロセスステップのみを含むモデルに適用されます)。

または、1 日以上実行されていることが分かればワークフローインスタンスが再起動されるワークフローモデルのリストを定義することができます。

詳しくは、Apache Felix 設定パネルおよびパージサービスを参照してください。ブラウザーで、http://cqhost:cqport/system/console/configMgr に移動してください。(cqhost は CQ インスタンスのホスト名で cqport は CQ インスタンスのポート番号です)。

ファイルを作成すると、手動でパージを開始できます。ファイル名 /cleanWorkflow.次に、監視サービスによってファイルが検出され、パージが開始されます。

パージを中止するには、ファイル cleanWorkflow.now を削除します。このファイルは、パージが完了すると削除されます。ソースコードはパッケージ内で使用できます。必要に応じて、それをカスタマイズします。

バージョン 1.6.5 以降にまた追加されたのは、過去 60 日分の監査エントリを保持する監査パージプロセスです。(Apache Felix Web コンソールで設定します)。ユーザーインターフェイスを使用して開始できますし、作業ディレクトリにある /cleanAudit ファイルで開始できます。

注意:

添付ファイルには 5.4 からの CRX コンテンツパッケージがあり、異なるバージョンにインストールする場合は、警告を表示できるようになります。ただし、それでも機能します。

免責事項:このツールは、カスタム実装をベースとしており、公式の製品の一部ではありません。慎重に使用してください。ソースが含まれていますので、特定の要件の場合は必要に応じて応用することができます。

Experience Manager 5.6+ についての注意:ワークフローのパージでは JMX および設定可能なスケジューラーでアクセス可能な製品のビルトイン機能を使用できます。MX: /system/console/jmx/com.adobe.granite.workflow%3Atype%3DMaintenance

Experience Manager 6.0 向けの注意:ビルトインのワークフローパージが使用できるようになりましたので、そのツールからの監査パージのみを使用してください。

リリース

ダウンロード

12 月に変更282012:ノードが削除された場合に限りワークフローを再起動するために固定し、ツールの場所を /etc/workflow/purge に変更し、ページレイアウト(バージョンページレイアウトに基づいて)のために CQ 5.5/5.6 スタイルを使用しています。

 

ダウンロード

変更 5 月62013:以前の CQ 互換性用 JDK 1.5 に対してコンパイルされ、監査パージのログメッセージを定義可能な最大日数と一致するように変更されました。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー