タッチ UI に関する FAQ

Adobe Experience Manager からクラシック UI をいつ削除しますか?

Adobe Experience Manager から機能を廃止および削除するルールは、次のとおりです。

リリースノートまたはコードの API では、アドビは、任意のリリースで廃止されるように機能をマークします。顧客には、実装を置き換えに切り替えるためのリリースサイクル時間が少なくとも 1 つあります。ここでは、廃止の通知が行われた次のリリースまたは次の後の任意のリリースで機能が削除される可能性があるため、「少なくとも」と記載しています。

クラシック UI は、6.1 では廃止として通知されず、2016 年の次のリリースの場合は該当しません。

同じコンポーネントのダイアログに複数のリッチテキストエディターがある可能性がありますか?

はい、AEM 6.1 のタッチ操作向け UI 更新パックのリリース以降、ダイアログ定義に複数のリッチテキストコンポーネントを含めることが可能です。

6.0 では、これは引き続き既知の制限です。このバージョンの解決策では、ハイブリッドエディターを回避策として使用します。
このプレゼンテーション(スライド 47~48)で同様に説明されている 6.1 OOTB のテキストと画像の例を参照してください。
詳しくは、http://docs.adobe.com/docs/ja/aem/6-0/develop/extending/customizing-page-authoring-touch.html#Add New Inplace Editor を参照してください。

コンポーネントのダイアログに複数の画像エディターを含めることはできますか?

いいえ、画像エディターコンポーネントは引き続きインライン編集でのみ使用できます。

6.1 では、タッチ操作向け更新パックによりインラインエディターが強化され、同じコンポーネントに対して複数のインラインエディターを設定するための簡単な方法が提供されるようになりました。

手順は、このドキュメントのページに完全に記載されています。

6.0では、上記の FAQ で説明したリッチテキストエディターと同じ回避策を使用する必要があります。

タッチ UI のフォームフィールドにクライアント側の検証を追加するには、どうすればよいですか?

Granite UI の検証は、jQuery Validator プラグインを使用して達成されます。

完全なメカニズムは http://docs.adobe.com/docs/en/aem/6-0/develop/ref/granite-ui/api/jcr_root/libs/granite/ui/components/foundation/clientlibs/foundation/js/validation/index.html に記載されています。

これにより、クラシック UI の ExtJs ウィジェットで使用される古い vtype 検証が置き換えられます。

AEM のドキュメントページは、これについては準備中です。

テキストフィールドコンポーネントの最大長制限は、インプレース編集を使用してサポートされますか?

現在、インプレースエディションでは最大長プロパティは考慮されていません。

回避策は、上記の FAQ で説明しているように、clientside 検証を使用します。

公式ドキュメント以外の TouchUI オーサリングに使用できるチュートリアル/利用可能なリソースはどこで入手できますか?

このページでは、アドビの担当者または公認パートナーの touchUI のエキスパートによって生成された、チュートリアルの一覧、コードサンプル、外部 Web サイトからのプレゼンテーションを編集します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー