目的

低速 Oak JCR クエリのパフォーマンスを分析する方法。

環境

AEM 6.x/ Oak 1.x

手順

I. デバッグログインを有効にする

JCR クエリーのパフォーマンスのデバッグする最初の手順は、デバッグログインを有効にすることです:
1.http://host:port/system/console/slinglog にアクセスしてください
2. 「新しいロガーを追加」をクリックします
3.次のロガーを設定します:
Log file: query.log
Log Level: Debug
Loggers:
org.apache.jackrabbit.core.query.QueryImpl
3. http://aemhost:port/crx/de/index.jsp にアクセスして、ログインします
4.ツール => クエリをクリックします
5.下の「クエリ」ボックスで、クエリをペーストし「実装」をクリックします
6.AEM サーバー OS にログインし、crx-quickstart/logs/query.log を検索しますか
7.ビューアでそのファイルを開くと、クエリの実行に関する詳細が表示されます。

クエリの説明ツールを使用

クエリのパフォーマンスをデバックする AEM のすぐに使えるツールであるクエリの説明ツールも利用できます。
1.AEM にログインします。
2.この URL
http://aemhost:port/libs/granite/operations/content/diagnosis/tool.html/_granite_queryperformance
に移動します。3.説明タブをクリックします。
4.クエリを入力し、説明をクリックします
5.クエリに使用されている Oak インデックスが表示されます。

伊ネックス定義を変更して問題を修正

AEM インデックスを管理し改善する方法の詳細については、以下のドキュメントを参照してください。
1.クエリーのデバッグおよび Oak インデックスー https://docs.adobe.com/docs/en/aem/6-3/deploy/platform/queries-and-indexing.html
2.Oak Lucene のインデックス ー https://docs.adobe.com/ddc/en/gems/oak-lucene-indexes.html

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー