問題点

AEM 6.3では、OSGi コンソール/system/console/configMgr, を介して OSGi コンポーネント設定を表示した場合、適用された設置(左側にチェックボックスがあるもの)は設定バインティングを表示しません。

欠落している設定バインディング情報を表示するスクリーンショット:

rtaimage_5_

原因

これは OSGi 設計仕様によるものです。

解決策

これは設計どおりに機能しており、宣言型サービスの新しい実装(AEM 6.3 に含む)では、コンポーネントにこれを渡すときに、今後はもう設定をバインドしません。  これは、リソースの消費を減らし、競合状態を避けるために行われます。また、設定バインディングは、OSGi 使用ポイントからの従来の機能です。

コンポーネントに設定があるかどうかを確認するには、コンポーネントタブに移動し、コンポーネントを確認して PID があるかどうかを確認します。

バインドされていない設定にすると、バインドされていない AEM 6.3 の問題は発生することはなくなりました。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー