問題

アップグレード後、カスタム CQ ユーザーグループすべてが、5.4 で得たレプリケーションの権限を失います。ですが、その他のすべての権限はそのままです。

解決策

レプリケーション権限は、CQ 5.5 で導入された crx:replicate と呼ばれる新しいプロパティのために失われます。

問題を修正するスクリプトが含むパッケージを添付しました。CQ 5.5 にアップグレードする前に実行します。

CQ 5.4 の Package Manager にこのパッケージをアップロードしてインストールします、次いでこれを実行するには
http://localhost:4502/etc/cleanup_privileges.clean.html
に移動します。

ドライランチェックボックスがチェックされていないことを確認し、実行ボタンをクリックします

ダウンロード

適用対象

CQ 5.5

 

他の関連記事:

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー