CQ 5.x から AEM 6.2 または 6.3 にアップグレードした後、すべてのスケジュール済みアクティベーションおよびアクティベーション解除のジョブはトリガーされません(「後でアクティベート」機能)。これらのジョブのワークフローは、トリガーまたは完了されることはありません。

環境

CQ 5.x から AEM 6.2 または 6.3 へのアップグレード

原因

Apache Sling に関する既知の問題。

解決策

AEM 6.4 では、製品レベルの修正が含まれています。以前のバージョンでは、次の手順に従います。

  1. AEM 6 への CQ 5.x のアップグレードまたはコンテンツ(/etc/workflow/instances など)の移行を実行します。 
  2. 添付されたパッケージ fix-sched-activation.zip を AEM 6.2 インスタンスにインストールします。
  3. 管理者ユーザーとして AEM にログインします。
  4. このページ /apps/tools/components/fixScheduledWorkflows/run.html に移動します。
  5. 「開始」をクリックします - ツールは以前のスケジュールされたアクティベーションを終了し、スケジュールされたジョブが動作するように再送信します。
  6. 出力は、以下のサンプル出力に類似しています。

インプレースアップグレードを実行した場合は、次の追加手順に従います。

  1. http://aem-host:port/crx/explorer/index.jsp に移動します
  2. 管理者としてログインします。
  3. Content Explorer を開きます。
  4. /var/eventing/timed-jobs を参照します。
  5. timed-jobs ノードを右クリックします。
  6. 再帰的に削除」を選択します。
  7. Preliminary Scan」を無効にします。
  8. 削除を実行します。

ダウンロード

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー