管理者以外は、ようこそページはログイン後ゆっくりとで表示されます。

この問題は、history*.log で始まるファイルの数とサイズが大きい場合に顕著です。

解決策

ソリューション 1:最近の変更の履歴を無効にします。

ようこそページの「最近」機能のオン/オフを切り替えるには、以下の場所で「historyShow」プロパティを変更します。historyShow プロパティを false に設定すると、履歴機能が無効になり、問題が解決されます。添付されているパッケージ(hhide_history-1.zip)は履歴を上書きし無効にします。

/libs/wcm/core/content/siteadmin
/libs/wcm/core/content/damadmin

* hide_history-1.zip
履歴を無効にする

ソリューション 2:ログのサイズが制限されます。

現在、追跡する履歴の量に上限はありません。history.log に保存されるログファイルのサイズと数を制限するロガーライターを実装することで、履歴ログの量を減らすことができます。詳細は、https://sling.apache.org/documentation/development/logging.html です。各1 KB に 3 つの最新ログファイルを保持するサンプルパッケージ(rotate-history-1.zip)が添付されています。

* rotate-history-1.zip
履歴ログファイルサンプルの回転

追加情報

「最近」機能では、HistoryService [3] を使用して詳細を取得します。現在の実装では、ログフォルダの履歴で始まるファイルから読み込みます。その後、ようこそページを表示しているユーザーに応じて、このログの内容をフィルタリングします。詳しくは、http://dev.day.com/docs/en/cq/current/javadoc/com/adobe/cq/history/api/HistoryService.html を参照してください。

注意:

適用対象

5.6.1

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー