S3 データストアコネクタの Amazon S3 に対する AWS 署名バージョン 2 の廃止の影響

問題

2019 年 6 月 24 日に署名バージョン 2 のサポートが終了した後、S3 アクセス障害のために古いバージョンの S3 データストアコネクタを持つ AEM インスタンスが使用できなくなることがあります。

 

アマゾンウェブサービスは、Amazon S3 に対する AWS 署名バージョン 2 のサポート終了を発表しました。S3 は、 AWS 署名バージョン 4 以降の API リクエストのみを受け付けます。

 

影響を受ける AEM および S3 コネクタのバージョン:

  • AEM 6.3 - S3 コネクタ 1.6.0
  • AEM 6.2 - S3 コネクタ 1.4.8 以降
  • AEM 6.1 - S3 コネクタ 1.2.4 以降

 

注意:このバージョン(1.8.x)の S3 コネクタはデフォルトで AWS 署名バージョン 4 を使用するため、AEM 6.4 以降は影響を受けません。

 

解決策

次のバージョンの S3 コネクタは AWS 署名バージョン 4 と互換性があります。2019 年 6 月 24 日までに S3 コネクタを最新バージョンに更新することをお勧めします。

 

  • AEM 6.3 - S3 コネクタ 1.6.1 以降
  • AEM 6.2 - S3 コネクタ 1.4.10 以降
  • AEM 6.1 - S3 コネクタ 1.2.6 以降

 

S3 コネクタは <aem-install>/crx-quickstart/install/15 にあります。現在の S3 コネクタを確認して新しいバージョンに更新する方法については、Amazon S3 データストアの設定ドキュメントを参照してください。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー