基本的な検証

  • 問題または質問が既に対処されていないかを確認するために MSM FAQ ページを確認してください
  • 新しい MSM ベストプラクティスのドキュメントページを確認します
  • 問題が最新のサービスパックと、最新の MSM 推奨ホットフィックスで際限可能であることを確認してください。
5.6.16.0 および 6.1 の推奨ホットフィックスページを確認し、MSM セクションで、一覧表示の HF がインストールされていることを確かめます。

Blueprint および Livecopies ステータスに関する詳細情報の検索

MSM は、リソース URL のセレクターで要求できる複数のサーブレットを登録します。

それらは UI で使用されますが、次のように、直接要求することもでき、ページの追加の高度な計算済み MSM ステータスを直接確認することもできます。

1) http://host:port/content/path/to/bluprint/page.blueprint.json?&maxSize=500&advancedStatus=true&returnRelationships=true&msm%3Atrigger=ROLLOUT

Blueprint ページでは、リンクされているすべてのライブコピーのリストを取得するためには、高度な LC ステータスを使用します。 

 

2) http://host:port/content/path/to/bluprint/page.msm.json?_dc=1440692346666

Livecopy ページを使用して、Blueprint ページとの接続に関する詳細情報を取得します。
ページが Livecopy ではない場合は、何も返されません。

 

それらのサーブレットは、同様にチェックする価値があるデバッグログメッセージを com.day.cq.wcm.msm により生成します。

リポジトリ内の MSM 固有情報の確認

MSM 固有のノードと Mixin に基づいて計算された情報を返したサーブレットです。

情報は、次の方法として格納されます。

- cq:LiveSync Mixin タイプ

これは、jcr:content コンテンツノードで設定され、ルートライブコピーページを定義してください。
それらのページには、次のプロパティを通じてライブコピーに関する基本および必要な情報が含まれるタイプ cq:Livecopycq:LiveSyncConfig 子ノードがあります。

cq:マスター: ライブコピー
cq:rolloutConfigs のブループリントページへのポイント: このルートライブコピーページの子ページがライブコピーに含まれている場合、ライブコピー
cq:isDeep : で適用されるアクティブなロールアウトが true であることを示します。

 

- cq:LiveRelationship Mixin タイプ

あらゆるライブコピーページには、その jcr:content ノードにそのような Mixin タイプがあります。
そうでない場合、ページはライブコピーアクションの外部のオーサリングインターフェイスで手動で作成されたか、またはあるポイントで分離されています (作成またはロールアウト)

 

- cq:LiveSyncCancelled Mixin タイプ

休止したライプコピーページの jcr:content ノードに追加されました。

休止が子ページにも有効な場合: cq:isCancelledForChildren=true プロパティが同じノードに追加されます。

 

そこに存在する情報は当然 UI に反映される必要があるが、UI または MSM の動作を質問する場合のある発生する可能性のある正常でない状態では、スーパーユーザーは MSM ページのステータスを理解するためにそれらのノードを直接ご確認いただけます。

これらのプロパティを把握すると、リポジトリを照会して特定のステートにあるページセットを検索する場合にも役立ちます。

例: select * from cq:LiveSync はすべてのライプコピーのルートページを返します。

MSM サポートチケットの生成時に提供される情報。

最終的に AEM サポートの支援を必要とする場合があります。

サポートポータルでサポートチケットを生成した場合、次の KB 記事のガイドラインに従い、問題を可能な限り識別します。

MSM の問題の場合、次のように追加の精度を理想的に追加する必要があります。

- ログをアタッチする前: /system/console/slinglog のロガー com.day.cq.wcm.msm のレベルでデバッグレベルを有効することができ、問題のある MSM 操作を繰り返します。

設定 http://host:port/libs/wcm/msm/content/commands/rolloutconfigs.json の出力をアタッチします。

- ライブコピーにアタッチされたロールアウト設定を伝達します

- 問題が UI から来ていると思われるば場合 (ブラウザーコンソールエラーまたは UI エラーがポップアップが表示されます) : 問題のある MSM 操作を実行した場合、ユーザーのパースペクティブから完全なフローを捕捉する har ファイルが生成されます。HAR ファイル作成の詳細については、リンクを確認してください

- サポートがすぐに分析して動作が正常かどうか判断し、それに応じて処理するために、問題を再現することが最も簡単な方法です。

この目的で、次を試してください。

1) Geometrixx ページに基づく類似した設定で問題を再現します

2) 不可能な場合、あなたのもののサンプルコンテンツを含むコンテンツパッケージの作成を試みます。それは、サポートエンジニアがあなたのものと同じパッチレベルの空白の AEM インスタンスにそれをインストールして、問題を再現するためです。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー