このページでは、TouchUI 関連の問題をトラブルシューティングするためのヒントとツールを収集します。

ページ上で表示されるタッチ UI 要素の原点をリアルタイムで把握する

ページを記述する場合は、開発者モードを統合した現在の AEM 6 が使用可能です。

https://docs.adobe.com/docs/ja/aem/6-1/develop/components/hobbes.html を参照してください。

開発者モードで AEM のページを表示することを選択した状態で、1つの興味深い機能は、ページ上でコンポーネントを選択する機能です。左側のパネルにコンポーネントにリンクされているコンテンツパスおよびスクリプトをすぐに参照してください。.

ただし、この情報は編集モードやプレビューモードでは使用できません。また、管理コンソール、エディターなどの他の画面でも使用できません。

X 線ツールは、AEM インスタンスにインストールする単純なパッケージです。Touch UI ページの最上部に「X線」レイヤー単純にを追加でき、ページにレンダリングされたすべてのコンポーネントの情報(コンテンツのパス、スクリプト、CRXDE Lite へのダイレクトリンク)を提供します。

パッケージがインストールされている場合、/etc/xraymode/setup.html に移動し、X線モードを有効にするための指示に従います。

 

 

注意:

備考:X線によって /mnt/overlay または /mnt/override で始まるスクリプトへのパスが返されます

コンポーネントおよびそのダイアログの Fine grained オーバーレイを許可する Sling Resource Merger を利用する、タッチ操作向け UI が原因です。http://docs.adobe.com/docs/en/aem/6-1/develop/platform/sling-resource-merger.html を参照してください。

この場合、標準の AEM インストールでは、カスタマイズのステータスによってこれらプレフィックスまたは /apps または /libs を、CRXDE Lite の右側のノードにアクセスするよう置き換える必要があります。

ダウンロード

XRay-tool screenshot

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー